「ホイール」選びにも「定石」あり! 絶対に知っておくべき「カラーコーデ」5原則 (1/2ページ)

「ホイール」選びにも「定石」あり! 絶対に知っておくべき「カラーコーデ」5原則

巷に溢れる「アルミホイール」は何色を選ぶべきか

 アフターマーケットで販売されているアルミホイールには、今やさまざまなカラーが設定されているモデルも多い。シルバーやガンメタ、ブラックにホワイト、ブロンズやゴールド、レッドやブルー、イエローなど、それこそよりどりみどり。自分の愛車のキャラクターや、自分の好みに合ったカラーを選ぶことができる。数多いアルミホイール、選択に悩む だが、「後悔先に経たず」ということもある。選び方を間違えたまま実際に装着してみると、自分のイメージと違っていたり、思わぬマイナス面があったりもする。

 そこで、ここでは、アフター用のアルミホイールについて、代表的なカラーを上げつつ、どんな効果あるのか? メリット・デメリットなどを紹介する。

【定番はシルバー】愛車との違和感が少なく失敗しにくい

 もっとも定番のカラーは、やはりシルバーだろう。純正ホイールの色もシルバーが多いこともあり、交換しても愛車との違和感が出にくい。つまり、失敗しにくいのだ。カラーが純正とほぼ同色であれば、あとはどんなホイールデザインが自分のクルマや好みにあっているかなどに集中できる。シルバーはホイールの定番色 もちろん、シルバーといっても、色調や明るさはモデルによって異なるため、選ぶ際はできれば現物をショップなどで確認することをオススメする。最近は、ホイールやタイヤもインターネットで購入することができるが、販売サイトに出されている写真と、実際の色合いが違うこともあるので、届いてみたらイメージが全然違うなんてこともある。ちょうど、服をネットで買って家に届いてみたら、思ったより色がくすんでいたとか、明るすぎたといったケースがあるのと同じだ。比較的リーズナブルな服を購入する場合は、最悪諦めがつくこともあるかもしれないが、4本セットで何十万円もするホイールでは、失敗するとかなり痛いはずだ。高額なホイールもあるだけに交換前カラーコーディネイトは重要 色だけでなく、デザインについても、ホイールは写真と現物ではイメージが違うこともある。とくに、複雑な造形が施されたモデルでは、見る角度によって印象が変わることもあるからだ。サイズさえ合っていれば「なんでもいい」のであれば別だが、こだわりたい人であれば、ホイールのカラーは定番のシルバーであっても慎重に選びたい。

【高級感を出すにはポリッシュ系】従来のメッキ系を凌駕する人気ぶり

 愛車に高級感を演出したいのであればポリッシュ系のカラーがおすすめだ。もちろん、ホイールのデザインとの兼ね合いもあるので、一概には言えないが、いずれも独特の輝きが愛車に特別なイメージを与えてくれることが多い。ポリッシュの高級感あるホイール ポリッシュ系のホイールは、表面を切削してクリアを掛けるなどの加工を施す。そのため、ベースの色がシルバーであればシリバーポリッシュ、ブラックであればブラックポリッシュなどの種類がある。とくに、最近人気が高いブラックポリッシュなどは、切削していないスポーク内側部分などに残ったブラックの箇所が、明るいディスク面などを引き立たせると共に、全体的にツートーンカラーを施したような効果を生む。

 クロームカラーのホイールも、光りの当たる具合でホイールの輝きが変わり、ラグジュアリーな雰囲気を演出しやすい。また、最近はスパッタリングという塗装が施されたホイールも、同様の効果を生むため数多く市場に出回っている。ひと昔前に多かったメッキカラーのホイールは、処理加工の段階で有害物質が出てしまうという問題などで、国内生産は減少傾向のようだ。スパッタリングは、そういったメッキ系ホイールに変わるカラーとして人気を博している。

【ズボラ派はブラックorガンメタ】ブレーキダストが目立ちにくい

 ブラックやガンメタのホイールは、愛車の足元を引き締めてスタイリッシュな印象を与えるため、セダンやミニバン、SUVなどに人気だ。とくにボディカラーがホワイトのクルマに装着されることが多いようだ。ガンメタのホイール また、ジムニーやランドクルーザーなどオフロード系車種向けのホイールにも、ワイルドな印象を出すということで、これらカラーを採用するモデルも多い。最近は、マットブラックやマットガンメタといったツヤ消し系のカラーも人気だ。

ホイールが小さく見えもするブラック系ホイール ただし、この手のカラーは、比較的ホイールが小さく見えてしまうこともある。そのため、例えばインチアップをしたのに、思ったほどホイールが大きく見えないといったこともあるので注意が必要だ。ボディカラーがブラックなど暗めのクルマでは、ホイールはあまり目立たなくなる。ホイールをボディ同色にするためなど、あえて選ぶのでない限りはやはり慎重さが必要だ。

 ちなみに、これらカラーには、ブレーキダストが目立ちにくいというメリットもある。輸入車や国産車でも制動力が高いパッドを装着した場合はダストが出やすいため、これらのカラーには程度の効果がある。ただし目立たないからといってダストの清掃を怠ると、ホイールに固着して取りづらくなるだけでなく、ホイールがさびる原因にもなるので注意しよう。

画像ギャラリー