「理想」と「現実」の致命的すぎるギャップ! にわか「旧車」オーナーが突き当たる「7つの壁」 (1/2ページ)

「理想」と「現実」の致命的すぎるギャップ! にわか「旧車」オーナーが突き当たる「7つの壁」

この記事をまとめると

  • 旧車を実際に維持すると直面する「面倒なこと」を紹介
  • 現代のクルマとは異なり、日常の運転でも意外と苦労する
  • 「憧れ」だけでは乗れない実情を詳しく解説

 

イグニッションを捻っても「エンジンがかからない」

 今やボタンを押せば一発でエンジンがかかるのは当たり前。旧車はキーをひねるから面倒なのか? と思うなかれ。ひねってもかからないことは当たり前だ。調子や季節によるが、下手するとかかる気配すらない。また調子がよくても、最初にアクセルを何回かあおったり、かかりそうになったところでアクセルを踏み込んでやる必要がある。ツインキャブ、3連キャブなどになるとさらにコツがいるし、下手するとプラグがかぶってしまう。ちょっと前までのオートバイも同じ感じで、乗っている人ならわかるだろうか。また冬場はチョークを引くのは当たり前だ。憧れだけで所有すると大変なことになることも。故障やトラブルの覚悟を持つことが大切 ちなみにかぶるというのは、ガソリンでプラグが湿ってしまって火花が飛ばなくなることでアクセルのあおり過ぎやチョークの使い過ぎが原因なだけに、塩梅はじつに難しい。

環境には良くないが「暖気は十分に行うべし」

 暖気は不要というのがいまや常識だが、旧車は要・不要の議論以前に、暖気しないとガクガクして走らないので必然的にするしかない。またエンジン内部のクリアランスも広いので、しっかりと暖めて熱を入れ、規定の状態にしてやらないとクルマにもよくない。環境に悪いとはいえ暖気は必要だ。ブームになるほど旧車が人気だ。しかし憧れだけで購入してしまうと痛い目に遭うことも知っておきたい。ナーバスなモノを所有するという覚悟が大切だ

パワステレスは当たり前で「ハンドルは激オモ」

 1970年代は当たり前、1980年代でもパワステが付いていないクルマもけっこうあった。パワステなしのステアリングを回したことがある人はいまや少ないかもしれないが、とにかく重い。太いタイヤにしたり、空気圧が少なくて接地面が大きいだけでもさらに重くなる。どれだけ重いかというと、止まった状態では回せないほどで、当時から「少しでも動かしながら切れ!」とよく言われたものだ。憧れだけで所有すると大変なことになることも。故障やトラブルの覚悟を持つことが大切 とくにFFのパワステなしは、なにかで固定してあるのかというほど重たかった。旧車のステアリングが妙に大きいのは、テコの原理を使って少しでも軽く回すためでもある。ちなみに今や御法度の内掛けも、ステアリングが重たかった時代の名残りだ。

画像ギャラリー