往年の「走り屋」テイストを緻密に再現! 「トヨタ・カローラ レビン カスタマイズ」がインターアライドから発売

往年の「走り屋」テイストを緻密に再現! 「トヨタ・カローラ レビン カスタマイズ」がインターアライドから発売

あえてノーマルではなくカスタムモデルを再現

 旧車から新車まで幅広い車種を取り扱う模型メーカーのインターアライドから、同社オリジナルブランド“ハイストーリーシリーズ” のレジン製1/43スケール「トヨタ・カローラ レビン カスタマイズ」が2021年5月下旬に発売される。同ブランドは主に「これまであまりモデル化されなかった」国産車を商品化している。インターアライドから発売されているトヨタ・カローラ レビン カスタマイズ

 ハチロクの愛称で親しまれているトヨタ・スプリンター・トレノ/カローラレビン(AE86)は、1983年に登場した。1.6L直4エンジンに軽量なボディ(3ドア・1600GTVで940kg)は、FRの走行性能を好むファンに支持された。また、アフターパーツが豊富で、なにより中古価格が安かったこともあり、とくに走り好きの若者に注目された1台。さらにクルマ漫画の影響もあり、今でも幅広い年齢層に人気があることも特徴だ。トヨタ・カローラ レビン 今回、インターアライドは、あえてノーマルではなくカスタムモデルを再現。ボディカラーは赤と黒の2色を用意し、カスタマイズの内容も、フロントのグリルレス、フロントスポイラーにリヤスポイラー、サイドステップ、メッシュホイール、砲弾マフラー、車内にはロールバーを装備している。1/43スケールとはいえ、その作りは、今にも走り出しそうな雰囲気を醸し出している。インターアライドから発売されているトヨタ・カローラ レビン カスタマイズ 価格はボディカラーを問わず、1万780円(税込)。なお、こちらの製品はディスプレイモデルとなっている。また生産数には限りがあり、初回以降の再生産はないとのこと。ほしい方は全国の模型店およびオンラインで予約必須だ!

※画像は試作品のため、製品版とは異なる箇所があります。

画像ギャラリー