「45」と「35」は似てるけど全然別モノ! メルセデスAMGのドル箱SUV「GLA」乗り比べ (1/2ページ)

「45」と「35」は似てるけど全然別モノ! メルセデスAMGのドル箱SUV「GLA」乗り比べ

メルセデスAMGが放つ高性能コンパクトSUVが揃ってデビュー

 メルセデス・ベンツでもっともコンパクトなSUV「GLA」をベースにしたAMGモデルが2台揃ってデビューした。1台はGLA35 4MATIC(以下、GLA35)、もう1台はGLA45S 4MATIC+(以下、GLA45S)である。

 コアなメルセデスファンであれば、モデル名を聞いただけでそのスペックを言い当てられそうだが、念のために記しておくと、エンジンはどちらも2Lの4気筒ガソリンターボだ。M260エンジンを積むGLA35は、306ps/400N・mを発生させる。そのパワーは8速DCTと電子制御式4WDシステムのAMG 4MATICを介して4輪に分配される。トルクの分配比は前:後=100:0〜50:50となる。似て非なるコンパクトSUVのハイパフォーマー「GLA35」「GLA45S」

 一方、GLA45Sには“史上最強の量産型2L4気筒エンジン”として名高いM139を搭載する。最高出力は実に421psで、最大トルクは500N・mに達する。排気量は同じでもM260より完全に1クラス上のパフォーマンスといって間違いない。似て非なるコンパクトSUVのハイパフォーマー「GLA35」「GLA45S」

 また、通常のラインで組み立てられるM260とは異なり、AMGの伝統である「ワンマン、ワンエンジン」に従い、ひとりのメカニックが1基のエンジンを手作業で組み上げる点もM139の特徴だ。ギヤボックスは基本的に35と同じ8速DCTだが、4WDシステムはパフォーマンス志向をより高めた4MATIC+となり、後車軸にはAMGトルクコントロールと呼ばれる電子制御式デフを採用。ふたつの多板クラッチにより左右後輪へのトルク配分を調整して、常に最適なトラクション性能を実現する。

強靱なシャーシに300ps超の高性能エンジンを搭載する「GLA35」

 先に試乗したのはGLA35だ。箱根のワインディングロードを走り始めると、直ちにそのパワフルな走りに圧倒された。タイヤが転がり始めた瞬間から小気味いいパワーがあふれ出てくるうえに、2速→3速→4速とシフトアップしていっても、その力強さが途切れない。しかも、1〜4速の設定が比較的ローギヤードなため、低中速コーナーが主体となる日本のワインディングロードでもストレスを感じにくい。似て非なるコンパクトSUVのハイパフォーマー「GLA35」「GLA45S」

 さすがに6000rpm近くでは回転の伸び感が薄れてくるものの、スーパースポーツカーを走らせているようなポテンシャルが垣間見える。『これ以上のパワーがあっても公道では使えこなせないかもしれない』と思うほどの動力性能だ。

 だからといってシャーシのレベルが低いわけではなく、これまで試乗したコンパクトAMGのなかではベストといえる仕上がりだった。とりわけ、ハードコーナリング中もサスペンションが滑らかに路面を捉え続け、ボディをフラットに保つ点には度肝を抜かれた。おかげで路面が荒れたコーナーでもステアリングが左右に振られることがなく、ステアリングを一定に保っているだけで狙いどおりのラインをトレースできるのだからすごい。似て非なるコンパクトSUVのハイパフォーマー「GLA35」「GLA45S」

 それでいながらシャーシの強靱さも舌を巻くばかりで、かなりコーナーを攻めたつもりでもボトミングしたのはほんの数回ほど。このしなやかさと強靱さを併せ持つところこそGLA35の真骨頂と感じた。

画像ギャラリー