実は「高齢者」にも優しかった! 「福祉車両」の「痒いところに手が届く」便利機能4選 (1/2ページ)

実は「高齢者」にも優しかった! 「福祉車両」の「痒いところに手が届く」便利機能4選

高齢者にも配慮された「福祉車両」の今 

 福祉車両といえば、「障がいを持つ人を乗せるクルマ」といったイメージが強い。だが、高齢化社会を迎えた日本では、自動車メーカーが販売する福祉車両などに、高齢者が楽に乗り降りできたり、運転をサポートするための装備を搭載するモデルも数多くリリースされている。

 しかもミニバンからコンパクトカー、軽自動車など幅広いモデルが用意されているため、ユーザーの家族構成や各ニーズに応じた車種を選ぶことができるのだ。ここでは、そんな高齢者にも便利な福祉車両の装備について紹介する。

「助手席回転シート」体を捻らず乗降が可能

 まずは自分で歩くことはできるが、足腰が弱くなった高齢者向けとして、クルマのシートへの乗り降りをサポートする「回転シート」という装備がある。これは、主に助手席が外側に回転することで、体をひねらずに乗降できるというものだ。高齢者の乗り降りに貢献する回転シート 健常者の若い世代にとっては、例えばコンパクトカーや軽自動車などであれば、車高をさほど高く感じずラクに乗り降りができる。だが、足腰が弱い高齢者にとっては、体をひねって乗り込むこと自体がやりにくい人も多い。そのためシートを回転させるのだが、これには手動でレバーを引いてシートを回転させるタイプや、電動で回転させるタイプなどがある。ステップ設置手動レバー

 手動回転タイプの中でも、例えばトヨタならヤリスやシエンタ、プリウス、プリウスPHVにメーカーオプションで設定している助手席ターンチルトシートなどは、シートが回転するだけでなく、背もたれと座面が下方向に傾くことで、より乗り降りがしやすい工夫がなされている。また、これら車種では助手席だけでなく、運転席も回転する仕様があり、自分で運転する高齢者に対応した装備となっている。福祉車両は高齢ドライバーでも便利に使える装備を持つ

 ちなみに、こういったタイプは、他メーカーでも日産が新型ノート、ホンダがフィットやN-WGN、ダイハツがタントなどに採用。また、高齢者だけでなく、例えば着物を着た女性が乗り降りする際も、足を揃えたまま乗降ができるため便利だ。ヤリスの運転席側回転シート

 電動回転タイプの場合は、スイッチを押すと助手席がモーターで回転するだけでなく、車外へ大きくスライドして降りてくるタイプも多い。主にミニバンやSUVなど、車高が高いモデルに採用されている。また、助手席だけでなく、ミニバンでは2列目シートの助手席側が電動で出入りするタイプもある。福祉車両は高齢ドライバーでも便利に使える装備を持つ

 具体的な車種でを挙げると、例えば、トヨタのノアやヴォクシー、日産のセレナ、ホンダのステップワゴンといったミドルサイズのミニバン。また、コンパクトサイズのミニバンでも、トヨタのルーミーやホンダのフリードなどが採用する。さらにSUVでは、日産のエクストレイル、マツダのCX-5など、軽自動車ではダイハツのタントやスズキのワゴンR、日産のルークスといった車種にも設定がある。採用される車種が幅広いため、ユーザーのニーズに応じたモデル選びができるのも特徴だ。

「電動ステップ」と「手すり」:乗降を補助する

 高齢者の乗り降りをサポートする装備としては、ほかにも日産がセレナやエルグランド、ルークス、トヨタのノアなどに設定しているステップタイプもある。これは、助手席のドアや後席スライドドアを開くと、足を乗せることができるステップが自動で出てくる機能だ。乗降時にステップが出てくる

 とくに、フロアが高いミニバンでは、他モデルと比べ乗降時に足を高く上げる必要があり、さほど歩行が困難ではない高齢者でも乗り降りしにくいことが多い。回転シートまでは必要ないが、乗り降りする際の段差を減らすことで、乗降をよりスムーズにするための装備で、高齢者だけでなく、小さな子供の乗り降りもサポートする。タントのミラクルオートステップ

 同様の電動ステップは、ダイハツのタントでも、ミラクルオートステップという名称でオプション設定されている。タントには、ほかにも、高齢者が助手席に乗降する際や、乗車中につかむことができる手すり「ラクスマグリップ」も用意する。乗降に役立つ手で握るグリップ

 乗降時用の手すりはAピラーに、乗車中用の手すりは前席背面に装着することで、いずれも高齢者が体を支えやすくするという効果を生む。こういった手すりは、社外品でも電車の吊革のようなタイプが販売されているが、タントの純正オプションのように樹脂一体成形のほうが体を支えやすいといえるだろう。

画像ギャラリー