「今日はどこに行こうか?」マイホームを持たず「軽自動車」で車中泊しながら暮らす夫婦の「リアル」 (1/2ページ)

「今日はどこに行こうか?」マイホームを持たず「軽自動車」で車中泊しながら暮らす夫婦の「リアル」

この記事をまとめると

  • マイホームを持たず、車中泊をしながら暮らす夫婦に直撃
  • 夫婦は普段どう暮らしているのか?
  • 実際のお金のやりくりについても公開

場所に縛られず好きな場所へ移動しながら過ごす生活

 アメリカで流行し、最近は日本の若い世代も気軽に旅をする手段としてブー ムになりつつある「バンライフ」。私たち夫婦はマイホームなどの拠点を持たずに、愛車で車中泊しながら日本全国を旅する「バンライフ」を始めて7カ月以上が経ちました。クルマを「動く家」にして、いつでも場所に縛られずに、好きな場所へと移動しながら過ごしています。車中泊をして暮らす夫婦の体験談
 1日の始まりの会話は「今日はどこに行こうか?」。インスタグラムで検索して気になった観光スポットを巡ったり、温泉でドライブの疲れをゆっくり癒したり。寝るときはふたりで協力しながらハスラーの座席を倒し、完全にフルフラットにして、後部座席に積んであるニトリで購入したフカフカなマットレスを敷きます。スズキ・ハスラーは小さなクルマに見えますが、フルフラットにすると広いんです。だいたいセミダブルベッドくらいの、ふたりでも十分ぐっすりと眠れるほどのスペースが確保できます。車中泊をしているスズキ・ハスラー

今、車中泊がブームだが、マイホームを持たず車中泊して暮らす夫婦がいる。一体なぜ「ノマド」のような生活を始めたのか? どんな暮らしなのか? 仕事は?