「80’s」に「ミリタリー」!? 人気軽SUV「タフト」を「味変」するボディキット発売! (1/2ページ)

「80’s」に「ミリタリー」!? 人気軽SUV「タフト」を「味変」するボディキット発売!

昨夏先行公開したアイテムがいよいよ誕生

 軽クロスオーバーSUV「ダイハツ・タフト」はスクエアなスタイルで2020年6月の発売直後から話題となった。「丈夫で軽く、出掛ける時に動きやすいバックパック」というコンセプトもあり、アウトドア人気の今、幅広い層に支持されている1台だ。そんなタフトの魅力により磨きをかけてくれるのが「ダムド」が展開するふたつのボディキット。エアロパーツを中心に幅広い車種のスタイリングアイテムをリリースするダムドのタフトは気になるところ。「TAFT 80’s(タフト・エイティーズ)」と「TAFT little D.(タフト・リトル・ディー)」という2種類をラインアップする。さて、アナタはどちらがお好み?

ニューレトロが新しい王道SUVスタイル

 まず「TAFT 80’s」と名付けられたキット。名前の通り1980年代を意識したスタイルで、どこかノスタルジックな雰囲気が漂う。ドライブが新鮮で楽しかった頃を思い出しながらカジュアルに楽しめるRVに仕上がっている。

【関連記事】フルノーマルの中古車は超高額で手に入らない! ならば中古チューニングカーは買っても大丈夫!?

ダムドから発売されたダイハツ・タフト用ボディキットを紹介画像はこちら

「80’sフェイスチェンジキット」はフロントグリル/フロントバンパー/ボンネットフードカバー/グリルブラックアウトステッカーがセットとなりフェイス部の大幅なイメチェンに成功している。

ダムドから発売されたダイハツ・タフト用ボディキットを紹介画像はこちら

「80’sヴィンテージストライプ」は1970~80年代のRV車に見かけたストライプをオマージュ。それでいて「今」を思わせるデザインで、ニューレトロな仕上がりを約束する。

 トータルコーディネイトで古き良き時代のスタイルを愛車に取り入れられるはずだ。