2代目「アルファード/ヴェルファイア」も!? 意外すぎる13年超「税金アップ車」3選 (1/2ページ)

2代目「アルファード/ヴェルファイア」も!? 意外すぎる13年超「税金アップ車」3選

この記事をまとめると

■新規登録から13年で自動車税がアップ
■2代目アルファードや13代目クラウンも13年超え
■日本では13年以上乗る人が多い

普段見かけるあのクルマがもう対象になっている驚愕の事実

 クルマ好きにとって5月は1年でもっとも憂鬱な月ではないだろうか。それは「自動車税・軽自動車税」の納税だ。毎年4月1日時点での自動車の所有者に課せられる都道府県税で、エンジンの総排気量によって税額が決まる。

 だが、とくに旧車オーナーにとって噴飯モノなのは自動車税・軽自動車税は「新規登録から13年経過したガソリン車(ハイブリッド車を除く)・LPガス車」が15%も重課される点だ。これは自動車重量税も同様である。

 ちなみに国土交通省による「13年経過」の定義というのは、以下の通りだ。
・普通自動車:初度登録年月から12年11ヵ月後に自動車検査証の交付等を受ける場合
・軽自動車:初度検査年から13年を経過した年の12月以後に自動車検査証の交付等を受ける場合

 では、上記に当てはまるクルマとは一体なんだろうか? 以下、振り返ってみよう。これから紹介する3台はひいき目に見ても古いクルマと思えないものばかりである!

トヨタ2代目アルファード/ヴェルファイア

 2008年5月に登場したトヨタのフラッグシップミニバン。FFプラットフォームをベースとし、パワートレインは3.5L V6と2.4L直4ガソリンエンジンの2本立て。のちに2.4L直4+モーターのハイブリッドを追加している。一言で言えば「大きなエスティマ」である。意外な「13年超重課税」車の特集 プラットフォームを刷新し、より洗練された乗り味を実現してはいたが、初代アルファードで採用した凝ったハイブリッドシステム「THS-C」はプリウスと同じ「THS-2」に改められるなど、無難にまとめてきた印象が強かった。だが、日産エルグランドをかなり意識した兄弟車の「ヴェルファイア」を初めて追加し好調なセールスを記録した「中興の祖」だ。

 そんな、まだまだ新しいイメージもあるアルファード/ヴェルファイアも初年度登録車がちょうど13年。拡販モデルの2.4L車はまだしも、上級グレードの3.5L V6ガソリンエンジン車は自動車税で9000円も重課されてしまう(5万8000円が6万7000円に)。意外な「13年超重課税」車の特集

画像ギャラリー