洗車の大きな「勘違い」! 水分は「拭く」ではなく「吸い取る」が正解だった (1/2ページ)

洗車の大きな「勘違い」! 水分は「拭く」ではなく「吸い取る」が正解だった

洗車を効率的に行う「時短術」

 カーシャンプーを併用するなどして汚れを流し終えた後のボディにのった無数の水滴は、水ジミやウォータースポットといったトラブルの元凶。素早い除去が求められる。ここでは、とくに作業効率アップのためのアイテムにこだわりたい。洗車後の水滴は水ジミやウォータースポットといったトラブルの元凶

 一般のオーナードライバーはいうまでもなく、ガソリンスタンドのスタッフといったプロですら、タオルなどの普通のウエス(布)で拭き上げている光景を見かけることがある。

 この手のウエスを使ったことのある人なら経験済みだろう。水滴が拭き取りにくいうえ、拭いた跡にプツプツと微細な水滴が残ってしまう。ウエスの粗い網目による弊害だ。だから……と何度もこすれば、塗装面にスリ傷を刻んでしまう。ウエスでボディを拭くと粗い網目によるぶつぶつとした水滴が残る 基本的に水滴は拭き取るのではなく、『吸い取る』ものと認識したほうがいい。

セーム革を最大限活用するための「コツ」と「工夫」

 洗車専用の“セーム革”に注目したい。吸水性に優れた皮革で、本来は天然鹿皮製の高級品。しかし、使用後の手入れや保管が少々デリケートで素人の手に余るというデメリットも。そこで、現在の主流になっているのが、扱いやすさや耐久性を高めた合成皮革製。そして、数ある合成セーム革の中でも、高い評価を受けているのがユニ工業製の“ユニセーム”だ。ユニ工業のユニセーム 主な素材にPVA=ポリビニールアルコールを使用。抜群の吸水性に加え、水分を含むと表面に独特のなめらかさが生まれ、柔らかいタッチは傷が目立ちやすい塗装にも安心して使える。筆者も長年愛用していて、もはや手放せなくなっている。※決して宣伝ではないので念のため

 毛細管現象(液体が細い管の中で吸い上げられる物理現象)による吸水性は、まさに水滴を吸い取る感覚。塗装面に押し付けて何度もこする必要はなく、ほとんど拭き残しは生じない。ただ、そうした効果を最大限に得るためには、若干のコツというか工夫も必要だ。

画像ギャラリー