「R32GT-Rの皮を被ったR35」生みの親! 破天荒すぎる「伝説のチューナー」が語る「R」の魅力とその半生 (1/3ページ)

「R32GT-Rの皮を被ったR35」生みの親! 破天荒すぎる「伝説のチューナー」が語る「R」の魅力とその半生

この記事をまとめると

■事故車のR32との出会いがスタート
■チューニング全盛期の相棒はR33
■1200ps仕様のR35ですべてを理解

愛車として付き合うことでRを知り尽くす

 チューニングやドレスアップをせずとも、愛車と楽しく長く過ごしたいというクルマ好きは多い。プロと呼ばれる人たちが、どのように愛車と付き合っているのか気になるところだ。そこで、GT-Rやスープラを中心としたチューニングを得意とするプロショップ「トップシークレット」の永田和彦代表に話をうかがった。1000psを超えるGT-Rを仕立てたこともあり、GT-Rについては酸いも甘いも知り尽くす。自らの愛車で不具合や弱点を探りながら、ユーザーカーへとフィードバックを繰り返している。そうして常にブラッシュアップしてきたGT-Rチューニング。永田代表の愛車遍歴と共に、頼もしい相棒との付き合い方を紹介していこう。

初出:GT-R Magazine(2020年154号)

トップシークレットが手掛ける日産R35GT-Rのリヤスタイル

お金がないから安くできるシングルターボ仕様に!

 好きなチューニングを仕事にしたという「トップシークレット」の永田和彦代表にとって、愛車と店のデモカーとの境界線は曖昧だ。一般的に仕事とは関係ない分野で趣味を見つけて気分転換する方が多いが、永田代表の場合は妥協のないチューニングを愛車に施すことで、明日への活力を得ている。だから愛車はトップシークレットの指針のようなものだ。その時々の永田代表の志向が色濃く反映されている。

スモーキー永田との異名を持つトップシークレット代表永田氏の運転風景

「トップシークレットを始めたころはお金がなくて、フロントがヤレた事故車のR32GT-Rを格安で手に入れて、 フレーム修正してチューニングしていました。ターボもふたつよりもひとつのほうが何かと安く済むという理由で、TD07シングルの700ps仕様にしていたのです。カストロールカラーのグリーンメタリックで目立たせました」

 永田代表とGT‒Rとの付き合いはここから始まる。チューニングを生業にするにはGT‒Rはハズせない存在。だから30年来、常に各時代のGT‒Rを相棒にしてきた。トップシークレットの歴史はGT‒Rとは切っても切れない縁があるのだ。

自分のクルマだからこそ気兼ねなく無茶を試す

 R33GT-Rは3台を乗り継いだ。チュー ニングの全盛期で、あらゆる仕様を試みる。自分のクルマだから気兼ねなく無茶ができるのでトラブルは少なくないが、そのぶん貴重なノウハ ウが得られた。これは永田代表のかけがえのない財産だ。

 R34は2台。レスポンス重視のビッグシングルからパワー追求型のツ インターボなど、スカイラインGT-Rの心臓部であるRB26DETTチューニングはやり尽くした。弱点も対応策も心得ている。 

「だからR34の生産が終わり、新しい日産GT‒Rが出るまではちょっと変わったクルマを相棒にしていました」

トップシークレットが手掛ける日産R35GT-RとR32のエンジン R32にZ33のVQ35エンジンを載せて、あえてNAの6連スロットル仕立てで350psオーバーを実現。ハイレスポンスと高音の排気サウンドがたまらない仕様を完成させた。R34には同じVQ35でもGT2530タービンを使い、ツインターボに。おもしろいほどトルクフルな味付になった。

「どこからともなく次期GT‒RはV8ツインターボで登場するという噂が流れたころ、それならば、とばかりにV35スカイラインでGT‒Rモドキを作ってしまいました」 

R32/R33/R34という第2世代だけではなく最新R35まで、歴代GT-Rを愛車として乗り続けてきた「トップシークレット」の永田和彦代表。RB26DETTやVR38DETTの弱点を見つけ、対応策を考える。愛車として乗るからわかるチューニングのノウハウや付き合い方について、クルマ好きの視点から語ってもらった