簡単なようで実は結構難しい? ヘッドライトのバルブ交換「7つの鉄則」 (1/2ページ)

簡単なようで実は結構難しい? ヘッドライトのバルブ交換「7つの鉄則」

知っているようで知らないヘッドライトのバルブ交換指南

 HIDやLEDが増えているとはいえ、ヘッドライトがハロゲンのクルマやグレードはけっこうある。そのほか、テールなどにもバルブ(電球)は使われている。バルブは安価で、手に入りやすいというメリットがあるが問題は切れること。LEDなどにも寿命はあるがハロゲンなどの電球は短め。つまり定期交換が必要なパーツだ。交換自体それほど難しくはないのでDIYでできてしまうほどだが、簡単ゆえに犯しがちなミスもあるし気をつけたいポイントもある。今回はヘッドライトバルブ交換の7つの鉄則を紹介しよう。他のランプに当てはまるテクニックでもあるのでしっかりと頭に入れておいてほしい。

【関連記事】軽自動車からフィアット「500」に乗り換えた女子オーナー。購入のキメ手は限定カラーでした

ヘッドライトのバルブ交換画像はこちら

その1:規格をよく確認して新品を用意

 その昔はH4がメインで、シングルだとH7あたりといった感じで、それほどたくさんの形状がなかった。今では異型ヘッドランプに合わせてドンドンと増加していて、規格が増えているだけでなく表記が微妙に違うだけのものもあるので注意したい。たとえばH3はaからdまであって、互換性はなかったりする。

【関連記事】軽自動車からフィアット「500」に乗り換えた女子オーナー。購入のキメ手は限定カラーでした

ヘッドライトのバルブ交換画像はこちら

 

その2:コネクターを強く引かない

 交換作業としてはまず裏側を見て、つながっている端子を引き抜くことから始める。新品に近ければすんなり抜けることがあるが、古いと固着気味でなかなか抜けないことがある。無理すると破損や筐体がずれて光軸が狂うこともあるので注意したい。ビニールテープを先端に巻いた細いドライバーなどでこじるようにして外す。ヘッドライトのバルブ交換画像はこちら

 

その3:ガラス部分を手で触らない

 つい触ってしまいがちだがダメな理由は手の脂が熱せられて高温になって、そこからガラスが割れてしまうから。とくに高温になりがちな高効率タイプは注意が必要だ。もし触ってしまったらアルコールなどで拭いてきれいにしてから付ける。ヘッドライトのバルブ交換画像はこちら