お気軽だけどマジで乗って楽しい! ドラテク磨きにぴったりなクルマ5選 (1/2ページ)

お気軽だけどマジで乗って楽しい! ドラテク磨きにぴったりなクルマ5選

買って後悔しない「草レース」ベース車両とは

 マイカーで気軽にエントリーできるうえ、カスタムの自由度も魅力の草レース。サンデーレースとも呼ばれ、幅広い層が楽しんでいる。そこで、軽自動車/コンパクトカー/2Lとクラス別に、今から買って後悔しないベース車両を考えてみたい。絶対的な速さだけじゃなく維持費、将来性まで含めると意外なクルマが候補になることも?

気軽に楽しめる草レースのオススメベース車両を紹介

クルマ選びもチューニングも自由度が高い!

 全国のサーキットで毎週のように開催されている草レース。いわゆるJAF公認という格式があるワケじゃないものの、クルマ選びやチューニングの自由度は大きな魅力だ。内容もレギュレーションが公認レース並みに整備されたモノから、いい意味でのレース「ごっこ」まで選び放題といえる。

 今回は全国的に人気の高い軽自動車、1.5Lまでのコンパクトカー、2Lクラスで新しめの車種をメインに、戦闘力の高いクルマはどれか考えてみよう。

気軽に楽しめる草レースのオススメベース車両を紹介

【軽自動車クラス】実用性と走行性能がちょうどいい

ダイハツ・ミラ(L275型)

 まずは軽自動車から。ターゲットとなるのは新規格NAだけのレース「東北660選手権」だ。始まった2011年はHA23型のスズキ・アルトが大半という状況だったが、年が経過し程度のいい中古車はほとんどなくなった。さらにライバルのダイハツ勢もどんどん開発が進んできた。今から作るならベース車の見つけやすさと価格、パーツの多さやセッティングの熟成度からL275型のダイハツ・ミラを勧めたい。以前は重心が高いので横転しやすいとか、ホイールベースが長く曲がらないと言われたが、トルクフルなエンジンに新しいがゆえに高いボディ剛性、長いホイールベースを逆手に取った高速安定性などなど、素材としての弱点はなくチューニングパーツも豊富に揃っている。

気軽に楽しめる草レースのオススメベース車両を紹介

スズキ・アルト(HA36)

 またHA36型のアルトも現時点で新車で買える唯一のNAがあり、近い将来は間違いなくレースで主役の座を射止めるはず。過給機付きのクラスでもワークスとターボRSを擁するHA36型は強く、通勤や通学にも使うケースが多い草レースでは利便性の高い5ドアも武器だ。

気軽に楽しめる草レースのオススメベース車両を紹介

画像ギャラリー