ジムニーD.I.Yカスタム派必見! 愛工房の新作アイテムがどれもドレスアップ効果バツグンだった (1/2ページ)

ジムニーD.I.Yカスタム派必見! 愛工房の新作アイテムがどれもドレスアップ効果バツグンだった

カンタン手軽に装着できる、あるとうれしい便利アイテムの数々

「誰でも簡単に付けられるパーツ」を次々と開発している愛工房。代表自らがクルマに乗っている時に感じる「こんな物があったら便利なのに」という閃きから生まれるアイテムの数々は、まさに痒いところに手が届くお役立ちグッズばかり。価格もお手頃、しかもDIYで楽しみながら愛車をグレードアップすることが出来るのも特徴だ。愛工房のジムニー用新製品を紹介

 そんな愛工房のアイテムの中から、特に同社が得意としているJB64/74ジムニー&シエラで楽しめるパーツをピックアップ。ほとんど毎月新作を発表している愛工房は、今回も新製品が盛りだくさんだ。

■JB64/74用フューエルキャップ《給油口開いてる?》シール

 給油口をスケルトンにするカスタムはジムニーでいま人気だが、実際作るとなるとそれなりに値は張るしとても大変。ならばこんなステッカーで楽しむのはどうだろう。給油口を透明にしたかのようなリアルな写真。よく見るとフタが開いていて、思わず『開いてるよ!』と言ってしまいそうになるドッキリ仕掛け。愛工房のジムニー用新製品を紹介

 ポッティング加工を施したシールは高級感のある立体感を実現、耐久性にも優れている素材を使用。カラーはジムニーのボディ色と合わせられるよう全9色揃えている。価格:4000円愛工房のジムニー用新製品を紹介

■JB64/74用ハイリフトジャッキホルダー

 山に行くと意外と遭遇する脱輪トラブル。リフトアップしている場合、普通のジャッキではもうお手上げ。そんな時の必須アイテムがハイリフトジャッキとスコップだ。四駆乗りにはお馴染みのこのパーツ、車内に積んでおくのはちょっと邪魔。そこでオススメなのが、これらを固定出来る「ハイリフトジャッキホルダー」である。愛工房のジムニー用新製品を紹介

 純正スペアタイヤホルダーを外した場所に、三角形のプレートを付属のネジでセットするだけ。ハイリフトジャッキとスコップを斜めに固定することで、ジムニーの車幅に収まるよう計算して設計されている。愛工房のジムニー用新製品を紹介 ジャッキだけでなくスコップ用のホルダーも同梱で、盗難防止用にチェーンと南京錠も付属。実用性はもちろんだが、見た目のワイルド感も急上昇である。価格:1万8000円愛工房のジムニー用新製品を紹介

■JB64用TOP-Gモール

 愛工房の大ヒットアイテムであるTOP-Gモール。純正風の立体感のあるモールが車種専用の長さにカット済みなので、商品が到着したらボディを脱脂して水平を確認、貼り付けるだけ。あっという間にゲレンデヴァーゲンのような高級感あるスタイルが完成するのだ。愛工房のジムニー用新製品を紹介

 JB64用は一台分9ピース構成。粘着性、耐候性に優れた3M製テープを使用している。モールカラーはブラックメッキとシルバーメッキの2種類。価格:1万3000円(シルバーメッキ)、1万5000円(黒メッキ)

■JB64専用クロカン60ミリ マットブラックフェンダーモール

 泥や小石の跳ね上げを抑制するために、フェンダーに貼るモールを開発。柔軟性の高いTOPを素材に使い、3M製の両面テープで貼るだけでOK。愛工房のジムニー用新製品を紹介

 幅は60mmとワイドだが、ハサミやカッターでカンタンに切れるので、好みの幅にアレンジが可能。もっとタイトなモールが欲しい人には、9mm幅タイプも販売している。価格:1万4000円

■JB64/74用運転席アシストグリップ

 ジムニーは運転席側にアシストグリップがなく、ノーマル車高でも乗り降りする時がちょっと不便。ましてやリフトアップ車ともなれば、かなり不安定な状態での乗降を強いられる。そこで愛工房が考案したのが、後部座席のグリップを外して、そのねじ穴とサービスホールを利用して装着するロングタイプのアシストグリップだ。愛工房のジムニー用新製品を紹介 ステンレス製で強度も抜群。乗り降りが断然ラクになる。価格:1万9500円

■JB64/74用トランスファーパイロットレバー

 二駆と四駆を切り替える時に使用するトランスファーレバー。純正の味気ない造形から一転、遊び心満点のジェット機の操縦席風なパイロットレバーに変身!愛工房のジムニー用新製品を紹介 純正ネジを使って付け替えるだけで、装着はカンタン。アルミ削り出し、黒アルマイト仕上げで、高級感も抜群だ。適度な重厚感で、純正よりも楽にギヤチェンジが可能になる。価格:1万5000円

画像ギャラリー