シートメーカーが空気清浄機業界に進出!? BRIDEの「車載用オゾン除菌・脱臭器」とは何か

シートメーカーが空気清浄機業界に進出!? BRIDEの「車載用オゾン除菌・脱臭器」とは何か

S耐の会場で発見した「ある」空気清浄機

 2021年5月22〜23日に開催された「NAPAC 富士SUPER TEC 24時間レース」の静岡県の富士スピードウェイのイベント広場には、NAPAC(日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会)の会員メーカー各社がブースを出展。シートメーカーのブリッドは、お馴染みのスポーツシートのほか、除菌効果を持つ車載用オゾン除菌・脱臭器「エアバスターポータブル ブリッドエディション」を展示していた。BRIDEの車載用オゾン除菌・脱臭器「エアバスターポータブル ブリッドエディション」

 新型コロナウイルスの影響から、除菌系アイテムが注目されるようになっている。そのような時代にミートした商品をリリースしているのが三友商事である。同社とブリッドがコラボレーションして、車載用「エアバスターポータブル ブリッドエディション」が登場したわけだ。その詳細をお伝えしよう。

感染症対策として富士スピードウェイも採用

 そもそもオゾンによる除菌とは、空気中の酸素を電気分解によってオゾンを作りだし、菌(ウイルスのほか花粉など)に付着することで酸化分解させて、再び酸素に戻すという仕組みだ。さらに空気中の菌のみに効果のあるプラズマクラスターとは異なり、付着菌まで除菌できるのも特徴のひとつである。

 大容量タイプではあるが、感染症対策として、富士スピードウェイの施設内に90基、さらに全国約1000台の救急車(東京23区内の救急車はすべて)でも採用されるほどの実績を持っている。BRIDEの車載用オゾン除菌・脱臭器「エアバスターポータブル ブリッドエディション」「エアバスターポータブル ブリッドエディション」は、ドリンクホルダーにピッタリと入るボトルサイズで、USB電源で稼働。本体下部の穴から空気を取り込み、ペーパーフィルターで空気中のホコリなどをキャッチ。BRIDEの車載用オゾン除菌・脱臭器「エアバスターポータブル ブリッドエディション」上部からオゾンを放出するそうだ。ちなみにオゾンの発生能力は5mg/1時間なので、0.1ppm超えることはなく、安心して使用できる。BRIDEの車載用オゾン除菌・脱臭器「エアバスターポータブル ブリッドエディション」 電源を入れると、本体上面にはブルーの文字で温度と湿度も表示。車内の環境もチェックすることもできるわけだ。

 価格は4万4000円(税込)で発売は7月からを予定しているという。

画像ギャラリー