「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に憧れて!「デロリアン」を自力でEV化した「ド文系」オーナーの夢とは (1/2ページ)

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に憧れて!「デロリアン」を自力でEV化した「ド文系」オーナーの夢とは

過去から未来へ! EVデロリアンが環境問題に警鐘を鳴らす

 今年で生誕40周年を迎えた「デロリアンDMC-12」。デロリアンのデザインに携わったイタルデザインでは、2021年1月21日に生誕40周年のプロジェクトとして「VISION BEYOND TIME」を発表。同時にDMC-12のシルエットをイメージさせるティザー画像を公開するなど、否が応でも期待が膨らむ1年になりそうだ。1981年製のデロリアンDMC-12をEV化してしまったオーナー

「デロリアンDMC-12」といえば、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の劇中でエメットブラウン博士(通称ドク)がタイムマシンにしてしまったクルマだ。40~50代の男性なら一度は『乗ってみたい』と憧れたことがあるはず。そんな夢を叶えながら、さらに未来永劫乗り続けるためにEV化してしまったオーナーを紹介する!

初出:CARトップ2019年9月号(一部改稿)1981年製のデロリアンDMC-12をEV化してしまったオーナー

ウィークポイントの解消がEV化へのきっかけに

「いつかは“バック・トゥ・ザ・フューチャー”に登場したデロリアンに乗りたい」。子どもの頃から夢を抱きながら「どうせ作るんだったらカッコいいほうがいいじゃないか!」というドクのセリフに触発されて、デロリアンで電気自動車(以下、EV)を作ってしまったオーナーの藤井智康さん。1981年製のデロリアンDMC-12をEV化してしまったオーナー

 なぜEVなのかというと、デロリアンは燃料・電気系が弱く維持が難しい。そこで構造がシンプルなEV化を計画した。併せてCO2削減にはEVの普及が欠かせないと考え、2007年に〝デロリアンEV化計画〞がスタートした。1981年製のデロリアンDMC-12をEV化してしまったオーナー

多くの人がEV化計画に共感、一大プロジェクトが動き出す

 最初に着手したのがデロリアンの入手だ。2年間で8500台しか生産されなかった希少性から、走れる個体は除外する条件付きでクルマ探しが始まった。そこには藤井さんのデロリアンに対する愛情と、大量生産大量消費時代のなかで物を大切にする文化のあり方に対するメッセージが込められている。1981年製のデロリアンDMC-12をEV化してしまったオーナー そんななか、ネットオークションで部品取り車として出品されたデロリアンを発見。出品者にコンタクトを取ってみるとEV化計画に共感。無償で譲渡していただいたそうだ。ちなみにそのオーナーさんはルーカスフィルム(バック・トゥ・ザ・フューチャーの製作にも参加)で仕事をしたキャリアのある方だと聞き、さらに驚き! 車体を確保し、いよいよ本格的にデロリアンEV化計画が動き出した。

Ver.3にアップデート! 急速充電機能も搭載

 しかし困ったのは、藤井さん自身が文系中の文系と豪語するほど機械や電気の知識が乏しかったこと。そこで2007年11月、デロリアンEV化計画をブログ上で発表。参加メンバーの募集を開始した。1981年製のデロリアンDMC-12をEV化してしまったオーナー

 マツダのお膝元という風土もあってか、自動車整備の経験者や電気のスペシャリスト、製図が引ける人など、あらゆるジャンルの専門家の協力があり、2009年3月11日、改造申請を含めた車検に合格。国内で唯一のEVデロリアン(Ver.1)として、晴れて公道を走らせることに成功した。

 その後、2回のアップデート(Ver.2→Ver.3)を経て進化。現在はi-MiEVシステムを搭載。200Vの普通充電のほかCHAdeMO(急速充電)にも対応するなど、市販EVに劣らない利便性や使い勝手が備わっている。1981年製のデロリアンDMC-12をEV化してしまったオーナー

 ちなみに満充電での航続距離は約100kmほど。再生可能エネルギーの普及が進まない日本では、電力を火力発電に頼る部分が大きく厳密には環境に優しいとは言いがたい側面もある。そこで藤井さんはプリウスPHVに太陽電池パネルを搭載した実証車と同じように、EVデロリアンにフレキシブルソーラーパネルを使い、走行中の太陽光充電が可能なプロジェクトも進行中だ。

画像ギャラリー