「ビーチコーミング」って知ってる? 海キャンプでハマること間違いなしの「リアル宝探し」 (1/2ページ)

「ビーチコーミング」って知ってる? 海キャンプでハマること間違いなしの「リアル宝探し」

宝探し、環境保全、たくさんの想いがめぐる浜辺  

 幼いころから海へ行った時は必ずと言っていいほど貝殻集めに夢中になる。貝の形の良いもの、色が綺麗なもの、時には家主がいなくなったヤドカリの家を見つけたり、時間をかけて丸くなったガラス瓶のカケラを拾ったりと、浜辺は宝探しの場所だ。夏休みの課題に集めた貝殻を使った思い出が蘇る。このアクティビティを「ビーチコーミング」と言うそうだ。最近ではそんなオシャレな言い方になったのかと思いきや、英語圏の言葉で20年ほど前から日本でもそう呼ばれるようになってきたアウトドアでの所作なのだ。さて、このビーチコーミングとは一体どのようなものなのか。単なる貝殻集めと侮ることなかれ! あらためて紹介していこう。

【関連記事】軽キャンパーで4名就寝可能! トヨタ「ピクシストラック」ベースの「海仕様」キャンピングカーとは

シーグラスと流木画像はこちら

浜辺の漂流物と語り合う楽しみ

 ビーチコーミングとは、海岸や浜辺に打ち上げられた漂流物を集めること。コーミング(combing)とは英語で「櫛で梳かす」の意で、櫛で梳かすようにくまなく探すという意味が込められているそうだ。ビーチコーミングは浜辺を歩いて漂流物を探して、気になった物を集めていくシンプルな遊びだ。決まったルールも特になく、特別な道具や知識が必要ないのも手軽に始めやすい点だろう。時間を忘れて欲しいものを探すことに没頭できるし、なんなら浜辺さえあればできる、まだ見ぬ漂着物を探してあちこちへ旅する理由にできるなど、年齢や性別を問わずどこでも楽しめる趣味として広がりを見せている。サクラガイ画像はこちら

 波が届けてくれた海からのプレゼントにはさまざまな物があり、その代表的なものが貝殻。その種類はかなりのバリエーションがある。よく見かけるのは、ほのかなピンク色と小振りなフォルムが可愛いサクラガイやツノのような見た目のヘナタリガイなど。見つけたらテンションが上がりそうなのは、水玉模様がポップなタカラガイや小さな太陽のような形のリンボウガイ、オブジェとしても使われるほど美しく繊細な形のホネガイなど、色や形もそれぞれに個性があって奥が深い。ホネガイ画像はこちら

何が見つかるか分からない ほのかな期待感 

 ウニの仲間である平たい円盤のような形をしたタコノマクラや、丸いドーム型のコシダカウニなど、珍しい海の生き物を発見するかもしれない。欠けがない綺麗な状態でゲットしたいところだ。タコノマクラ画像はこちら

 シーグラスはビーチグラスとも呼ばれ、ガラスの瓶などの破片が砂や波でもまれて角がとれ、ドロップ型になったものを指す。瓶の色に多い青や緑、茶色のシーグラスは見つかりやすいが赤や紫、ピンク、黄色のシーグラスはなかなかお目にかかれないレア物だ。ビーチグラス画像はこちら

 ガラスの浮き玉は、以前は漁網を浮かせるためや海の目印として使われていたが現在はプラスチックやゴム製に代わり、ガラスの浮き玉はオブジェやインテリアに使われることが多くなったそうだ。あまり見かけないので、見つけられたらスーパーラッキーアイテムである。ガラスの浮き玉画像はこちら

 流木はしっかりと乾燥しているものを拾うのがいいだろう。木の温もりを感じられるオーソドックスなブラウンカラーや白っぽく変色したものまであり、アクアリウムなどに使用しても素敵なアイテムだ。流木画像はこちら

 種子や果実を見つけられることもある。南国の風を感じるヤシの実や身近な存在のクルミや松ぼっくり、見たこともないような木の実に出くわすこともある。湿った土に植えると芽を出すこともあるので、育ててみるのも楽しみのひとつだ。ヤシの実画像はこちら

 そのほか、ライターやペットボトル、空き瓶など、普段ならゴミになるものでもラベルをチェックしてみよう。もしかしたら異国の地の文字が刻まれているかもしれないし、年代物かもしれない。そこにはロマンが詰まっているのだ。ただし、中身が入ったままのゴミは化学薬品などの有害なものである可能性もあるため中身を開けないようにしてほしい。