「2000万円出すと言われてもこれだけは手放さない」! オーナーが語る「AE86に惚れ込んだ理由」 (1/2ページ)

「2000万円出すと言われてもこれだけは手放さない」! オーナーが語る「AE86に惚れ込んだ理由」

「FUJI 86Style with BRZ」で見た元祖「ハチロク」百花繚乱

 2021年6月6日に富士スピードウェイで開催された「FUJI 86Style with BRZ」。イベント名からもわかるように、トヨタ86とスバルBRZに特化した内容で、パレードランや車種別専用駐車場、愛車自慢駐車場など、多くの催しを開催。有名メーカーやショップのブースもあり、新型コロナの感染対策に注意しながらも、多くのユーザーが集まっていた。そしてそこにはトヨタ86とスバルBRZに並ぶ主役、AE86レビン&トレノも大集合。元祖「ハチロク」を大切に乗り続ける想いがヒシヒシと伝わってきたのである。画像ギャラリーでは愛車自慢駐車場、車種別専用駐車場に停まっていたAE86を掲載している(タイミングが合わずに撮影できなかった方はごめんなさい)ので、ぜひそちらもチェックしてほしい! ここでは、AE86に乗り続けるオーナーの生の声をお届けしよう!

フルレストア+TRD限定ボンネットで今なおピカピカ!

AE86トレノのフロント 愛車自慢駐車場で見つけた村上さんのAE86トレノ。乗り始めたのは17~18年前というが、とにかくボディの美しさが目を引いた。それもそのはず、15~16年に一度ボディのフルレストアを行っており、その後は屋内保管しているというのだ。「もともとAE86が好きでした。兄がS13シルビアでドリフトをしていて、その後兄弟で20ソアラに乗っていたこともあります」という村上さん。

AE86トレノのリヤスタイル

購入時から程度はよかったけれど、乗り続けるためにと思い切ってボディを全部バラしてフルレストアに踏み切ったという。当時お子さんは2歳くらい。その息子さんも免許を取れる年齢になっており「クルマと言えばAE86しかない」と語ってくれている。

AE86トレノに搭載した5バルブAE111エンジン

 エンジンは5バルブのAE111用をバランス取り含めてオーバーホール済み。現在でも織戸学選手が主催するサーキット走行会に参加するなど、現役で活躍しているそうだ。ご自慢はTRDのカーボンボンネット。こちらは数量限定で販売されたもので、かなりレアなアイテム。足元はワタナベの8スポークで当時感を楽しみつつ、バッテリーは荷室に移設するなど、細部まで愛情を込めたカスタマイズを楽しんでいる。

AE86トレノに装着したTRD限定カーボンボンネット

「レストアをしてからしばらく経ちました。最近下まわりにサビが出てきて気になっているので、きれいにしたいですね」とのこと。乗れる限り乗り続けたいという想いが伝わってくる1台だ。

画像ギャラリー