知らぬ間に「ハイビーム」で煽ってる? 「配光不備」が巻き起こす「厄介なトラブル」とは (1/2ページ)

知らぬ間に「ハイビーム」で煽ってる? 「配光不備」が巻き起こす「厄介なトラブル」とは

上向き・下向きの切り替えは適時

 ヘッドライトの照射を上向きにしたハイビームは、夜間、暗い郊外路や山道などで遠くまで照らして視界を確保するためのもの。道路交通法・第52条で「夜間走行時は原則ハイビーム。常時ロービームは違反」と定められていて、教習所でも法規に則ったヘッドライトの使い方を指導しているという。

 ただし、同法規では同時に、対向車や前走車などを認めた際の減光、つまりハイビームからロービームへの切り替えを義務付けていて、怠ればこれも違反の対象になる。

 ところが「原則ハイビーム」だけがひとり歩きして、道路の明暗や、ほかの車両、歩行者などおかまいなく、常時ライトを上向きにしたまま走っている “ハイビーマー”が増殖。ここ最近、看過できない交通問題になっている。 夜間にクルマを走らせるときになるのが他社のヘッドライトだ

知らずに上向く照射角度に要注意

 一方、ロービームの状態でも「まぶしい!」「ハイビームじゃないのか!?」とヒンシュクを買っているクルマも少なくないようだ。さまざまな原因が考えられるが、例えば多人数乗車で荷室に重い大量の荷物を積み込むなどした場合。リヤ側のサスペンションが大きく縮み、相対的にヘッドライトの照射角度が極端に上向いてしまうことがある。

 その対策として、HID(キセノン、ディスチャージとも呼ばれる)など、高輝度のヘッドライトを装着した2006年以降に製造された新車では、照射角度を自動調整する“オートレベライザー”の装備が義務化されている。
トヨタ・カローラのLEDヘッドライト
 問題は一般的なハロゲンヘッドライトだ。照射角度を手動で調整できる“レベライザースイッチ”を装備した車種も少なくないが、それを活用するどころか存在すら知らない人もいる。とくに、走行距離の伸びた旧年式車はサスペンションがヘタっていて、リヤが沈み込む度合いも大きい。レベライザーで補正しきれないほど照射角度が上向いてしまうこともあり、許容範囲に収まるようにディーラーなどで調整する必要がある。ヘッドライトのレベライザー

画像ギャラリー