夢の実現へ「ル・マン24時間レース」を目指す! 青木拓磨のチームメイトはアルピーヌの空力エンジニア (1/2ページ)

夢の実現へ「ル・マン24時間レース」を目指す! 青木拓磨のチームメイトはアルピーヌの空力エンジニア

青木拓磨の夢のひとつ「ル・マン」参戦へ向けて準備万端

 2018年から3カ年計画でル・マンを目指すという、実業家フレデリック・ソーセが率いるSRT41は、そのプロジェクトの目標地点であるル・マン24時間レースへの参戦を控えている。チーム代表のソーセも四肢欠損の障がい者だが、そこへ青木拓磨、ナイジェル・ベイリーが合流。ご存じの通り、ふたりはともに下半身不随の障がいを抱える車いすドライバーである。これら身障者によるチームとして、ガレージ56(特別出走)枠で8月21日(土)~22日(日)に開催される本戦に参戦する。2021年ル・マン24時間レース参戦を目指すクルマ椅子ドライバーの青木琢磨。チームメイトにアルピーヌの空力エンジニアを迎えてヨーロピアン・ルマンに参戦

COVID-19の世界的な感染拡大で2020年はエントリーをキャンセル

 LMP2マシンであるSRT41「オレカ07」は、下肢を使わずに運転できるように手動運転装置を装着した車両となっており、アクセル/シフトアップ/クラッチは、ステアリングの裏にあるパドルを使用する。ブレーキ操作およびシフトダウンはドライバーの右側に設けられたレバーを用いて行う仕様となっている。ル・マン24時間レースを目指す青木拓磨のチームメートはアルピナの空力エンジニア

 SRT41の計画は、2020年にル・マン24時間レースに参戦するというものだった。しかし新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり昨年は参戦を見合わせ、2021年大会にターゲットを定めて準備を進めてきた。そして2021年は前哨戦として本戦出場の準備を兼ねて、ヨーロピアン・ルマン・シリーズにスポット参戦し、ル・マン24時間耐久レースの本戦に向けて本格始動した。

2021年ル・マン24時間レース参戦を目指すクルマ椅子ドライバーの青木琢磨。チームメイトにアルピーヌの空力エンジニアを迎えてヨーロピアン・ルマンに参戦異色のドライバーがチームに合流「ヨーロピアン・ルマン」を拓磨とともに参戦

 そんななかSRT41に、2018年から参画していた義手ドライバーのスヌーシー・ベン・ムーサがチームから離脱したことで、代わってピエール・サンシネナが今シーズンから合流することになった。

2021年ル・マン24時間レース参戦を目指すクルマ椅子ドライバーの青木琢磨。チームメイトにアルピーヌの空力エンジニアを迎えてヨーロピアン・ルマンに参戦 サンシネナはチームの中で唯一の健常者ドライバーとなる。手動装置を装着した車両だが、ボタンでシステムを切り替えることができ、パドルを装着したステアリングも別のものを使用することで、通常のオレカ07と同じようにアクセル・ブレーキ・クラッチペダルの操作、そして上下のシフト操作がステアリングを握ったまま可能になる。ル・マン24時間レースを目指す青木拓磨のチームメートはアルピナの空力エンジニア

 現在29歳のサンシネナの経歴を振り返ると、15歳からレーシングカートを始め、ル・マンのACOコンテストで2位に入ると、2010年からF4シリーズに参戦する。2011年のF4フランス選手権では2勝を挙げ、シリーズ3位を獲得。翌年の2012年からヨーロッパF3選手権に挑戦するほか、2014〜2017年にはプジョーRCZレーシングカップフランス、VdeV(ベドゥベ)シリーズ、FFSAGTに参戦。2018年からはアルピーヌA110を使用したGT4にもエントリー。ピエールアレクサンドルジャンとタッグを組み、アルピーヌヨーロッパカップ、GT4インターナショナルカップ2018では優勝も飾っている。しかし、LMP2マシンに乗るのは、今回が初めての経験だ。

2021年ル・マン24時間レース参戦を目指すクルマ椅子ドライバーの青木琢磨。チームメイトにアルピーヌの空力エンジニアを迎えてヨーロピアン・ルマンに参戦

8月21日から開催されるル・マン24時間レースにガレージ56枠から参戦するSRT41。チームオーナーは四肢欠損の障がいを抱え、元GPライダーで下半身不随を抱えながら車椅子ドライバーとして様々なカテゴリーのレースに参戦する青木拓磨のル・マン本戦に向けた準備は万端