MT車はもう必要ない? スポーツ走行するなら「DCT」一択な理由とは (1/2ページ)

noteで書く
MT車はもう必要ない? スポーツ走行するなら「DCT」一択な理由とは

先に結論を言えばトルコンATやCVTは残念ながらサーキット走行は不向きだ

 サーキット走行となると基本的にはマニュアルトランスミッション車(以下、MT車)が向いている。従来のトルコンAT(以下、AT)やCVTなどの2ペダル車は、市街地での扱いやすさには優れるが、サーキット走行などで極限的な速さを求める場合には、不向きなのだと言える。2ペダルATとMTはどっちが速い

 しかし、F1やスーパーGTなど、モータースポーツの世界でトップカテゴリーを走るレースマシンは2ペダルが当たり前だ。シフトチェンジ操作はステアリングにあるパドルで行い、ドライバーは発進時以外にはクラッチ操作する必要がない。F1では発進時のクラッチ操作すらステアリングにあるレバーで行うというオートバイのような仕組みを採用している。2ペダルATとMTはどっちが速い

 2ペダル化することで足元のスペースを最小化することができるため、モノコックの全幅を小さくして空力特性に優れたマシンにすることも狙いだった。

クラッチ&シフト操作を気にせず走れる2ペダル車は安全確実に走れるのだが……

 一般車においてもAT(オートマチック・トランスミッション)やCVT(コンティニュアスリィ・バリアブル・トランスミッション)、DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション、以下DCT)など、2ペダルモデルが大多数を占めるようになりAT限定免許が発給されるようになって久しい。2ペダルATとMTはどっちが速い

 しかしサーキット走行では、一般的な2ペダルAT車で走ることは基本的にオススメできない。とはいえ2ペダルAT車の最大メリットはシフトミスを防げること。シフトアップやシフトダウン時など、MT車でシフトミスをして間違ったギヤに繋いでしまうと、エンジンが過回転となり瞬間的にエンジンブローを引き起こしてしまう可能性が高かった。2ペダルATとMTはどっちが速い

 つまりドライバーはシフトチェンジするたびに慎重かつ正確に操作する必要があったのだが、2ペダルAT車であればDレンジにしておけばシフトアップもシフトダウンも全自動でクルマが行ってくれる。

 ドライバーはアクセルとブレーキ、ステアリング操作に集中することができ、安全確実にサーキット走行を楽しめるだろう。少なくともビギナーがサーキットを数周、少し攻めるくらいの速さで走るならMT車よりAT車で走るほうが安全で、確実に走ることができてラップタイムも速いはずだ。2ペダルATとMTはどっちが速い

noteで書く

画像ギャラリー