実車さながらの完成度! タミヤはなぜ今「フェアレディ240ZG」を発売したのか (1/2ページ)

実車さながらの完成度! タミヤはなぜ今「フェアレディ240ZG」を発売したのか

タミヤの1/24スケールプラモ「フェアレディ240ZG」が新発売

 世界中にファンを持つ模型メーカーのタミヤが、日産フェアレディ240ZGを1/24スケールで精密に再現した『1/24 スポーツカーシリーズ No.360 1/24 NISSAN フェアレディ 240ZG』(税込4620円)を新発売した。1/24スケール「スポーツカーシリーズ」では、Z32型、Z33型、現行モデルのZ34型を発売中だが、新たに初代モデルのS30型「240ZG」をリリースした理由はなぜか。タミヤ広報の山本 暁さんに240ZGの発売の狙いを伺った。タミヤのプラモデルで初代フェアレディZを振り返る

最新技術の投入で懐かしの「旧車」をハイクオリティで再現

「S30型」フェアレディZは1/12のビッグスケールシリーズで製品化してましたが、1/24スケールでは模型化していませんでした。当時1/24スケールが存在していなかったのが理由で、1977年に1/24『スポーツカーシリーズ』がスタートしてからは、S130型以降のフェアレディZを新型がデビューする度に発売してきました。タミヤはその時々で最新の市販車やレーシングカーをリリースしていますが、昔のクルマを新たに模型化する場合もあります。S30型も非常に人気が高いことから、いずれはラインアップに加えたいと思っていました」と山本さん。タミヤのプラモデルで初代フェアレディZを振り返る 近年フォードGTやトヨタGRスープラ、マツダ・ロードスターRF、フォード・マスタングGT4、マクラーレン・セナなどの注目モデルを商品化しているタミヤ。そんななか「240ZG」が誕生から50周年を迎え、抜群のタイミングでの発売となった。タミヤのプラモデルで初代フェアレディZを振り返る

 製品内容は「クルマとしては旧車ですが、模型としては最先端の技術やアイデアが盛り込まれた商品です。パーツ構成や精度など今だから可能な要素が凝縮しています。1970年代でしたらここまでのクオリティは叶わなかったでしょう」と山本さんは自信たっぷり。タミヤのプラモデルで初代フェアレディZを振り返る

「すでに完成した作品の画像をSNSにアップされているファンの方もいます。作りやすいという声も届いており、おかげさまで好評を頂いています」とのことだ。タミヤのプラモデルで初代フェアレディZを振り返る

 近年は再び模型作りにハマる「リターンモデラー」も多い。そんな古くからのファンが驚くのが、キットの精度はもちろんだが、昔に比べて専用工具や塗料などの種類が豊富でより緻密に作りやすいこと。ひとりで没頭してもよし、子供と一緒に楽しんでよし、完成度だって自分が納得できればOKだろう。タミヤのプラモデルで初代フェアレディZを振り返る

 昔取った杵柄の方も、再びモデラーに復帰してみるのはいかがだろうか?

画像ギャラリー