超希少「オリジン」に乗るタレントは誰? クルマ好き芸能人の愛車4選 (1/2ページ)

超希少「オリジン」に乗るタレントは誰? クルマ好き芸能人の愛車4選

この記事をまとめると

■芸能人は旧車愛好家が多い
■SNSにも愛車との写真を数多く投稿
■カスタマイズを存分に楽しむ人も

SNSでも愛情を注いでいることがわかる!

 芸能人はクルマ好きが多いことでも知られている。最近注目を集めているのが初代日産シーマを1990年に購入以降、現在まで愛用している伊藤かずえさんだろう。愛車を日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンがレストアすることが話題になった。それが影響してなのか、SNSやブログ、動画配信サービスで自らの愛車をアピールする芸能人が増えている。

 そこで今回は、芸能人の愛車についてまとめてみた。超高級輸入車から常識的な国産車、旧車に至るまで幅広い芸能人の愛車をチェックしてみよう。

バッドボーイズ・佐田正樹さん(日産ローレル)

 吉本興業所属のお笑いコンビ、バッドボーイズの佐田さんの愛車は、2代目の130系ローレル。佐田さんのローレルは2ドアハードトップモデルだ。リヤバンパーにテールランプユニットがビルトインされているところがブタの鼻に見えるため、「ブタケツローレル」の愛称でも知られる車両である。

ローレル

 本来であれば直列6気筒のL型エンジンが搭載されている。しかし、佐田さんの愛車はL型エンジンの後継機として誕生したRB型の2Lターボ(RB20DET)に換装。エアコンやパワステも備わるレストモッドが施されている。なお、130ローレルはここのところの旧車高騰の影響もあってか価格がうなぎ登り。1000万円を超える個体も存在するほどだ。

さかなクンさん(三菱ふそう・キャンター)

 魚類学者として名誉博士号や大学客員准教授といった肩書きも持つさかなクンさん。言うまでもなく魚に精通しているのはもちろんであるが、幼少期はトラックに夢中になっていたそう。なんと愛車に三菱ふそうのキャンターを選んでしまっているのだ。

キャンター
画像提供:三菱ふそうトラック・バス

 しかも新しいモデルではなく昭和55年式の4代目モデル。そのなかでもさらに希少なダンプというから驚きだ。といっても、古いトラックはそのまま首都圏で登録することはできない。そのため、現在の排出ガス規制に適合するためにDPF(ディーゼル微粒子捕集フィルター)を装着し登録しているガチっぷりである。そんな4代目キャンターは、働くクルマということもあって中古車の物件はほぼ皆無といった状態。いくら旧車とはいえ、過去の取引を見ても数十万円程度で売買されているようだ。

画像ギャラリー