トラブルの原因になるってホント?「ハンドルの据え切り」はクルマを痛めるのか (1/2ページ)

noteで書く
トラブルの原因になるってホント?「ハンドルの据え切り」はクルマを痛めるのか

さまざまな意見が飛び交う「据え切り」を再検証

 編集部から「旧車の据え切り」についての原稿の依頼が届いた。これまでに雑誌やウェブを含めて、さまざまな意見や論争が飛び交っている。大手サイトの検索窓に「据え切り」と打ち込み、ポチっと押せば膨大な数の記事が見つかる。「もう見飽きたよ」という意見もあると思うが、おさらい感覚でしばしのお付き合いを!

クルマに負担が掛かっていると肌で感じられた重ステ時代

 まず、据え切りとは「クルマが停止している状態でステアリングを切ること」であることは、クルマに乗る多くの人が理解していると思う。「停止した状態でステアリングを切るのだから、タイヤのショルダー部分に負担がかかる。そして偏摩耗を起こしてタイヤのライフを短くしてしまう。ステアリング系やサスにも負荷がかかって、トラブルの原因になりかねない」というのが否定派の大多数の意見だ。

 パワステ装着率が100%に近い今、パワステなしのクルマについて語るのは無意味かもしれないが、パワステなしのクルマで据え切りをするのはかなり大変。とくにフロントヘビーなFF車の重さはハンパじゃなく、車庫入れするだけでもひと仕事だった。

 旧車のハンドルが大きかったのはそれを少しでも軽減(テコの原理)するためだったのだ。こうした体験をすると「据え切りってクルマに負担かかってるんだな」と肌身で感じた。少し動かしながら操作したほうが楽だったので、自然にそうした運転をマスター。クルマへの負担低減よりも必要に迫られたというのが正解だ。

旧車の大きなハンドル

パワステは据え切りするために開発されたもの

 パワステが付いた今でも、タイヤやステアリング系に同様の負荷がかかっているのは間違いないので、据え切りをやらないことに越したことはない。ただ、パワステが普及した今は停止状態でもハンドルを簡単に切ることができる。できるのにやらない人はいないわけで、パワステ装着率の上昇とともに、各メーカーは据え切り操作に対する試験を開発に盛り込んでいく。

現代のクルマでのハンドル操作

 また、近年はタイヤのグリップ力向上、ボディの肥大化による全幅の拡大によって据え切り機会も増えた。さらに重量増も顕著なこともあり、パワステのアシスト量は多くなり、パーツの強度&耐久性も年々見直されている。

 つまり、現在は据え切りすることを前提に開発が進められているので、ジムカーナ競技のようにロック・トゥ・ロックを短時間に異常な回数でもしない限り、異常が出ることはない。限界を超えそうになった場合はフェールセーフ機能が作動し、パワステのアシストを停止するなどトラブル対策も施されている(温度管理していることが多い。温度が下がれば解除されるので、一定の時間をおいてエンジンを掛け直せば元に戻ることが多い)。

noteで書く

画像ギャラリー