初めてのドライブレコーダーに最適! カロッツェリア「VREC-DH300D」は欲しい機能が揃った万能選手 (1/2ページ)

初めてのドライブレコーダーに最適! カロッツェリア「VREC-DH300D」は欲しい機能が揃った万能選手

今ではカーライフのマストアイテムとなった

 クルマを買ったら必ず取り付けるアイテムのひとつになっているドライブレコーダー。万が一の際の安心感はもちろん、ドライブ先の映像を残すなどレジャーでの利用までをカバーする機能も備え、クルマになくてはならないアイテムになっているのはご存じの通り。

 しかし近年ドライブレコーダーは膨大な数のモデルが用意され、それぞれに機能や性能がさまざま。初めてのマイカーを買った初心者や、これまでドライブレコーダーを取り付けたことがなかったというドライブレコーダー初心者にとって、「いったいどれを選べば良いのかがわからない」といった声も聞こえてくる。

 そこで、今回は現在ドライブレコーダーに求められる機能や性能をオールインワンした注目モデルとして、パイオニア・カロッツェリアの2カメラタイプのドライブレコーダー「VREC-DH300D」をピックアップした。このモデルにはドライブレコーダーに対して“欲しい”機能・性能を備えているのが魅力だ。そのため、初めてのドライブレコーダーとして選んで間違いないモデルと言えるだろう。

ドラレコ本体装着イメージ

万が一の際にも心強いリヤカメラが付属

 数ある機能のなかで真っ先に着目したいのは2カメラの搭載だ。前後方向の録画が可能な2カメラの搭載は、近年のドライブレコーダーの大きなトレンド。万が一の際に周囲のクルマや信号機などの記録ができるフロントカメラはもちろん、近年話題に上がることも多い、あおり運転の対策にも使えるリヤカメラも搭載。今やスタンダードになっている前後録画を備えている点にまずは注目だ。

リヤカメラ装着イメージ

 さらに、カメラが高画質な点もこのモデルの魅力。フロントはクラス最高レベルの370万画素、リヤカメラにも200万画素のカメラを搭載する。周辺のクルマのナンバープレートなど、細部までを詳細に映し出すので映像による状況判断にも最適。しかもフロントにF値1.4、リヤにF値1.8と業界トップクラスの明るいレンズを使っているので、ハッキリと周辺を映し出すのもポイントだ。さらに定評のあるSTARVIS技術搭載のソニー製CMOSセンサーを採用し、高感度録画であるナイトサイトに対応。トンネル内や夜間の撮影でも鮮明な映像が記録できるのも、現在のトレンドに合致している。

トンネル走行イメージ

 使い勝手の良さもドライブレコーダーには求められている。そのひとつが画面の見やすさだろう。コンパクトなモデルが多いドライブレコーダーのなかにあって、このモデルには大画面3.0インチモニターを搭載しているのが魅力。録画した映像の確認も、大型のモニター画面ならその場で行うことができる。またメニュー操作も大画面なのでスマートでわかりやすいのも特徴だ。

メニュー画面

画像ギャラリー