乗る前に読め! サーキット初心者が絶対に守るべき「鉄の5カ条」 (1/2ページ)

乗る前に読め! サーキット初心者が絶対に守るべき「鉄の5カ条」

サーキット走行の前に確認することとは

 クルマに大きな負荷のかかるサーキット。何かしらメンテして臨む人が大半だとは思うけど、コースイン直前や走行中に注意すべきこともある。気分が高揚しているときだからこそ、愛車のコンディションや装備をチェックし、安全にスポーツ走行を楽しんでほしい。

走行前のチェック事項その1:油脂類などの量と漏れ確認

 まずはサーキット到着後に再確認すべきことから説明したい。エンジンオイルやクーラントなど油脂類の量は十分に入っており、漏れた形跡がなくそれぞれのキャップは確実に締められているか。フィラーキャップとオイルレベルゲージ 特にエンジンオイルはコースに撒いてしまうと非常に危険なうえ、処理に時間がかかり、いろいろな意味でまわりに迷惑をかけてしまう。フィラーキャップとレベルゲージは当然として、ドレンボルトも増し締めしておけば安心だ。ドレンボルト増し締めすべし

 キャップ類はテーピングするのも常識だけど、オイルなどの汚れでマトモに粘着しておらず、貼ったそばから剥がれかけていることも。そんな状態ではテーピングの意味がないので、パーツクリーナーで脱脂してから確実に貼り付けよう。

走行前のチェック事項その2:タイヤの空気圧とナットの増し締め確認

 続いてはタイヤとホイールに関して。空気圧は気温や路面コンディションにもよるが、一般道より下げてからコースインするのがお約束。そして現地でタイヤを交換したかどうかに関係なく、ホイールナットはトルクレンチを使って増し締めする。減衰力が調整できるダンパーを使っていたり、街乗りとサーキットで車高を変えている人は、それらも必ずセットアップしておこう。タイヤホイール増し締め

走行前チェック事項その3:車載荷物を下ろす

 車内ではトランクを含め荷物を必ず下ろしておくこと。車載カメラを使うときはステーだけでの設置ではなく、ガムテープなどで確実に固定すること。事故の衝撃でカメラが外れたりしたら、重大な二次災害を引き起こす可能性があるのだ。あとはせっかくのいい走りが撮れていなかったなんてことがないよう、十分に残量があるバッテリーを使い録画スイッチを押すのも忘れずに。車内でいえば荷物の下ろし忘れもよくある。コーナリングのたびに車内でガチャガチャ動いたら気が散るし、万が一ペダルの下に転がって挟まったりしたら一大事だ。ゼッケンを貼る

 走行会ならゼッケンを貼り付ける場所、タイム計測器の位置も間違えないよう注意。安全装備で要注意はヘルメットのあごひもをシッカリ締めること、4点式シートベルトを緩みがないよう調整すること。いずれもドライバーを守るためのアイテムなのに、使い方を間違えるとまったく意味をなさないばかりか、場合によっては逆に危険を招く可能性がある。

 最近のクルマならスポーツ走行に不向きな電子制御(横滑り防止など)があるので、任意でカットできるものは必要に応じて機能をオフにしておきたい。スポーツ走行に不向きな電子制御をオフに

 以上がサーキットに到着してから、コースインするまでの間にすべきこと。

画像ギャラリー