予算は30万円ポッキリ! いま狙い目の爆安「車中泊カー」4選 (1/2ページ)

予算は30万円ポッキリ! いま狙い目の爆安「車中泊カー」4選

車中泊にオススメの4台をピックアップ

 こんな時代だから新車は買えないけれど、パーソナルな移動手段、そしてパーソナルに旅を楽しめる車中泊に向くクルマをリーズナブルに手に入れたい、そう思っている人は少なくないだろう。そこで、室内が広くて、シートアレンジによって大人が横になれるようなクルマが予算30万円ぐらいで手に入るかを検証。

 すると、激安車中泊カーと呼べる魅力的な中古車が、選び放題にあるではないか!  もちろん、今、乗っても極端に古臭く感じさせないデザイン、これからしばらく乗り続けられるであろう、走行距離10万km以下のクルマたちである。

トヨタ・ポルテ

 年式的に見て比較的新しいクルマとしては、すでに生産終了となっているコンパクトカーのトヨタ・ポルテがある。なんと2012年~2020年まで生産されていた2代目の初期モデル、2013~2015年型が、予算30万円前後で手に入るのだ。

【関連記事】1560万円で憧れのキャンパーライフ! 米国で大人気の「ソリスポケット36A」は日本の道路状況にもぴったりでした

トヨタ・ポルテも30万円で狙うことができる画像はこちら

 後席格納時の拡大荷室奥行は約1635mm。これだと小柄な人でないと真っすぐ横になれないと思いがち。その寸法は、荷室後端から倒した後席のシートバック上端までの距離なのだが、しかし、ヘッドレストを引き抜き、逆向きに付けなおすと、そこが枕となり、20cm程度、実質ベッド長が伸びたりする。ポルテの場合、約1800mmまで伸びるのである。トヨタ・ポルテのラゲッジルーム画像はこちら

 ポルテの車中泊対応能力はそれだけではない。初代、そしてこの2代目ともに助手席タンブル格納が可能で、荷室~後席格納部~タンブル格納した助手席部分まで含めると、初代、2代目ともになんと約2420mmものベッドスペースが出現。ふたりで寝るとして、ひとりが長身、もうひとりが小柄な人であれば、十分過ぎるふたり用の車中泊に対応する、天井高1380mmの余裕ある室内空間になるというわけだ。トヨタ・ポルテの内装画像はこちら

 また、全高1690mmとルーフが高いため、バックドアも大きく開く。それがひさしになり、雨の日でも荷室後端で雨宿りができる、地上高約700mmの、ちょっと高めのベンチにもなるのだから万能だ。さらに、ポルテは街乗り専用車として使われることも多く、6~8年落ちの中古車でも、比較的走行距離の短いクルマを探すことが可能となっている。トヨタ・ポルテのリヤビュー画像はこちら

トヨタ・カローラフィールダー

 続いて紹介できるのが、同じくトヨタのカローラフィールダーだ。こちらは予算30万円前後で2010~2012年モデルが狙える、人気かつ国産車では希少なコンパクトワゴン。ワゴンというキャラクターだから比較的走行距離が伸びている車両も多いが、それでも10万km以下のクルマも少なくない。探せばスタイリッシュなエアロモデルもありそうだ。トヨタ・カローラフィールダー画像はこちら

 純粋なワゴンだけに荷室の使い勝手は文句ない。フロア地上高は570~580mmと低く、重い荷物、アウトドアグッズの出し入れもラクラク。しかも車中泊対応として、最大荷室長はメーカー値で2015mm、実測ベッド長1700mmと、大人でも(ヘッドレストを逆付けして枕分を延長すれば)真っすぐ横になりやすいのが、お薦めの理由。トヨタ・カローラフィールダーのラゲッジスペース画像はこちら ただし、全高が1475~1480mm、荷室部分の天井高746~795mmとそれほど高くないので、高さ方向のゆとり、解放感は望みにくい。(画像はすべて前期型)