日本人はジムニーが大好き! 大人気の理由と「ちょっと意外な欠点」とは (1/2ページ)

日本人はジムニーが大好き! 大人気の理由と「ちょっと意外な欠点」とは

軽自動車規格の本格オフローダーとして長年人気

 スズキ・ジムニーの人気が止まらない。オフロードでも力強く走れる唯一の「軽」として、多くのファンに支持されている。その人気は国内にとどまらず、東南アジアや欧米からも注目されているのだ。

輸入SUVなどは日本の道では少々大きい

 なぜジムニーはこれほどの人気を確立できたのか。世界的にクラスを問わずSUVの人気が沸騰している。そのなかで、近年は気候変動の影響などもあり世界各地で自然災害が多発。クルマにもタフな性能がマジで求められるようになってきているのは間違いない。

 上をみれば、ドイツのメルセデス・ベンツGクラスや英国製ランドローバー・ディフェンダー、米国ジープ・ラングラーなど悪路に強いクロスカントリー系の4WDが大きな支持を受けている。だが国内の狭い林道やあぜ道など、道幅の狭い地域ではこうしたビッグ4駆は扱いにくい。日本には軽自動車という独自の自動車規格があり、自動車税など優遇制策の効果もあって軽自動車全体の保有率が圧倒的に高い。ジムニーはそのなかで最強のオフローダーとして君臨しているのである。

Gクラス

 僅か660ccの3気筒ターボエンジンは最高出力が自主規制で64psに制限されている。最大トルクは96N・mであり、車両重量1040kg前後に対して数値的には、けしてパワフルとは言えない。それでも悪路に強いというイメージが確立されているのには、ワケがあるのだ。

ジムニーのエンジン

軽自動車ながら本格的な悪路走破性が与えられている

 それはジムニーの造りをみればわかる。オフロードに強いラダーフレーム構造の専用シャーシが奢られ、伝統的な3リンク方式のサスペンションとリジットアクスルを前後に備える。エンジンは縦置きにレイアウトされ、通常は後輪を駆動して走るFR。必要に応じトランスファーで4WDに切り替えるパートタイム4WD方式を採用していて踏破性を高めている。

ジムニーのラダーフレーム

 またフロントのアプローチアングルで36度、リヤのデパーチャーアングルは50度と圧倒的で、ランプブレークオーバーアングルも28度とずば抜けている。加えて最低地上高は205mmと高く、最小回転半径は僅か4.8mと小回り性にも優れる。

 現行ジムニーには、これらに加えてブレーキLSDトラクションコントロールやヒルディセントコントロール、ヒルホールド、ESPなどの先進機能も備えていて、より悪路に強い特性に仕上げられているのだ。

ブレーキLSDトラクションコントロール

画像ギャラリー