「首都高1000円上乗せ」は愚策か? ロードプライシングの効果を実際に走って検証してみた (1/2ページ)

「首都高1000円上乗せ」は愚策か? ロードプライシングの効果を実際に走って検証してみた

いよいよ開始された首都高1000円アップのロードプライシング

 すったもんだの末、2021年夏に東京オリンピック・パラリンピック2020が開催される。そのオリンピック大会時の2021年7月19日〜8月9日、そしてパラリンピック大会時の2021年8月24日〜9月5日の期間、会場となる東京都内の交通渋滞を軽減するため首都高のロードプライシング(料金施策)が実施される。

【関連記事】AT車の「スポーツモード」の正しい使い方とは? 燃費向上や渋滞回避、さらにはあおり運転の誘発を避けることができます

東京五輪の首都高ロードプライシング画像はこちら

 その内容は、軽・二輪、普通車の自家用乗用車を対象(ETCの場合)に、6時~22時の時間帯において、問答無用に1000円を上乗せするというもの。仮にETCで300円の区間を利用するとしても1300円が請求されるという、かなり思い切ったロードプライシングだ。なお、現金利用については、すべての軽自動車・二輪車・普通車が1000円割り増しの料金となる。東京五輪の首都高ロードプライシング画像はこちら

 果たして、このロードプライシングによって首都高はどのようになってしまうのだろうか。

ロードプライシングは狙い通り首都高はガラガラ

 というわけで、ロードプライシングが実施された初日(7月19日)の午前中、用賀料金所から首都高に突入してみた。普段と異なり、料金所の手前で渋滞することもなく拍子抜けしながら入った首都高で見た風景は、本当に驚くほどスムースに流れていた。

【関連記事】AT車の「スポーツモード」の正しい使い方とは? 燃費向上や渋滞回避、さらにはあおり運転の誘発を避けることができます

東京五輪の首都高ロードプライシング画像はこちら

 通常であれば、月曜日の午前中に首都高3号線がこんなに空いていることはなく、ビタッと渋滞しているのが日常だが、今日に限っては違う。各車は適切な車間を空け、ゆったりと余裕をもって走行している。

 今回のロードプライシングにおいて、「中型車」「大型車」「特大車」は現金・ETC利用とも割り増しの対象外で、普通車でも緑ナンバーのクルマ(タクシーなど)や、黒ナンバーの軽自動車(運転代行など)、さらに4ナンバー・6ナンバーの貨物車、8ナンバーの特殊用途車はETC利用時に限り、1000円上乗せの対象外となっている((※編集部注:障害者手帳の保有者が運転・同乗する車両及び福祉関係車両は対象外、事前申請が必要な場合あり)。東京五輪の首都高ロードプライシング画像はこちら

 そのため、物流を支えるトラックなどの働く商用車たちがいつも以上に目立っていた。ミニバンや輸入SUVなど普段の首都高で目に付く自家用乗用車の姿はほとんど見かけない。

 マイカーを首都高から排除するという狙いにおいて、オリンピック・パラリンピックにおけるロードプライシングという施策は教科書に載せたくなるような成果を見せていた。少なくとも初日の午前中を走った感想は「お見事!」のひと言だった。東京五輪の首都高ロードプライシング画像はこちら

普段とは異なるポイントで多少の混雑もあったが……

 さて、せっかく1000円割り増しで首都高に乗ったのでC1(環状線)を外回りで一周してみたが渋滞ポイントは見当たらず、本当に首都高全体が流れていることも確認できた。目にした範囲でいえば、なぜか4号線の上り線では環状線に流入する手前で渋滞していたが、案内を見る限りほぼ全域において首都高はスムースに流れていた。東京五輪の首都高ロードプライシング画像はこちら

 普段の超渋滞状態の首都高を走っていると「こんなに混んでいるんじゃ高速といえないから金を返せ!」と言いたくなることもあるが、これだけ順調に走れるならば1000円のエクストラコストを払った価値があると思ったのは、正直な感想。タイム・イズ・マネーというが、渋滞回避に1000円のコストというのは十分にリーズナブルに感じた。東京五輪の首都高ロードプライシング画像はこちら