「栄光のル・マン」への飽くなき挑戦! 意余って力足らずの「伝説になり損ねたGT-R」2選 (1/2ページ)

「栄光のル・マン」への飽くなき挑戦! 意余って力足らずの「伝説になり損ねたGT-R」2選

勝たねばならないGT-Rも最高位はクラス5位

「ル・マン24時間レース」。クルマ好きなら一度はそのレース名を聞いたことがあるだろう。フランスのサルト・サーキットで開催。日本車では1991年にマツダ787Bが総合優勝を果たしたことが有名だが、GT-Rだって負けちゃいない……かもしれない。ル・マンに参戦したGT-Rの戦いっぷりをここで振り返ってみたい。

GT-Rのル・マン24時間レース参戦

ツーリングカーレースでは無敵のGT-R!

 フランスのル・マン24時間レース(以下ル・マン)は、日本人にとっても馴染みの深いビッグレースだ。一般的なイメージとしては、ル・マンはプロトタイプレーシングカーのレース。ハコ車、いわゆる量産車によるツーリングカーの24時間レースとしては、ベルギーのスパ24時間レースがある。ル・マンと並んでスパは欧州でも人気の24時間レースだ。

GT-Rのル・マン24時間レース参戦

 1990年にR32スカイラインGT-RのグループN仕様がスパ24時間に参戦し、グループNクラスの1位から3位までを独占。翌1991年にはグループA仕様のR32GT-Rが参戦し、ブッチギリの総合優勝を遂げた。一方、ル・マンでは1990年にグループC仕様の日産R90CPが総合5位でゴール。優勝候補の最右翼だったがゴール直前のミッショントラブルで、表彰台の頂点を極めることができなかった。その後、日産/ニスモはル・マンへの挑戦を休止していた。

 しかし1995年、ニスモはR33スカイラインGT-RをベースにしたNISMO GT-R LMでル・マンのGT1クラスに再び参戦することを決定した。スカイライン史上、初めてとなるル・マンへの挑戦であった。

FRのGT車両をベースに600psを搭載!

 このル・マン参戦マシンは、国内で行なわれていた全日本GT選手権シリーズに参戦していたGTマシンと基本的には同じスペック。搭載するエンジンは2.6LのRB26DETT。全日本GT選手権用はエアリストリクターによる出力制限があったため、最高馬力は450ps+αと言われていた。対するル・マン用のエンジンは600ps以上を発揮していたという。

GT-Rのル・マン24時間レース参戦駆動方式はベースのスカイラインGT-Rはトルクスプリット式4WDだったが、GTマシンはFR方式を採用。ル・マン用マシンも国内GTマシンと同様にFR方式だった。またサスペンションは市販車が前後マルチリンク式だったのを、前後ダブルウイッシュボーンに変更。これは大径タイヤの装着と車高ダウンを可能にするための変更だった。一方、マシンの骨格となるモノコックボディは量産車のスチールモノコックを改造したもので、ボディカウルは前後のワイドフェンダーやボンネット、トランクリッドなどがカーボン製となっていた。

GT-Rのル・マン24時間レース参戦

市販版は日産ではなくニスモが製造

 ただし、当時の規則でGT1クラスの参戦には、GTマシンと同じメカニズムとボディを持つ市販車を作ることが条件だった。さらに公道を走れるナンバーを取得した市販車が存在しないと参加が認められなかった。そこでNISMOは、ナンバー取得を前提とした市販バージョンを製作。後輪駆動で4輪ダブルウイッシュボーンサスペンションを備えた「NISMO GT-R LM」だ。実際にイギリスでナンバーを取得し、カタログも作っている。

GT-Rのル・マン24時間レース参戦

 ちなみにこのクルマの製造者は日産自動車ではなくニスモだった。理由はスカイラインファミリーにはGT-Rもあれば4ドアセダンも存在する。4ドアセダンの存在がル・マン参戦のGTマシンとして認められないという懸念があったため、ニスモが作ったスポーツカーになったというのだ。

 とはいえ、R33スカイラインGT-Rベースのスチールモノコックのマシンで、好成績を狙うのは難しかった。当時、LM-GT1クラスのライバルは、マクラーレンF1 GTR、フェラーリF40 GTE、ポルシェRSR GT1、ジャガーXJ220など、いわゆるスーパーカーたちだった。とりわけ、最有力のマクラーレンF1 GTRはグループCカーのようなカーボンモノコックシャーシにパワフルなV12エンジンを搭載していた。

GT-Rのル・マン24時間レース参戦

画像ギャラリー