「コルベット」「アルピーヌ」「シルビア」が「異種格闘技戦」! 峠道をアクセル全開「根の上ヒルクライム2021」 (1/2ページ)

「コルベット」「アルピーヌ」「シルビア」が「異種格闘技戦」! 峠道をアクセル全開「根の上ヒルクライム2021」

ラリージャパンにも使用されるコースでヒルクライム開催

 一般公道を占有して開催している日本で唯一のヒルクライムイベント「BRIGヒルクライムチャレンジシリーズ」が7月10日、第5戦「根の上ヒルクライム2021」を開催した。

 このヒルクライムシリーズは、設定された登坂道路のコースを1台ずつタイムアタックして、2本走行した合計タイムで速さを競うイベント。毎回中部地方を中心に各地からバラエティに富んだマシンが集結し、このタイムトライアル競技に挑んでいる。

BRIGヒルクライムチャレンジシリーズ

シリーズ初の「県道」で開催

 今回の舞台となったのが、このシリーズで初開催となる岐阜県道413号東野中津川線という公道。これまでこのシリーズでは、公道といっても一般市町村道を使用していたが、今回は、県道ということで、関連各所との調整はもちろん、地元住民への事前の通知や説明など、いつも以上に運営側にとっては大変なイベントになったようだ。ちなみにこの路線は、今年11月に開催予定のWRC(FIA世界ラリー選手権)第12戦ラリージャパン2021でも、スペシャルステージ(SS)として使用予定だという。

BRIGヒルクライムチャレンジシリーズ このヒルクライムに使用されたのは、県道413号線の恵那市側から根の上高原、保古の湖に上がるほぼ上り区間の約4.3km。峠道ではあるが2車線の道路で道幅も広く、スピードが乗るストレート部分には、速度規制のためのシケインを2カ所導入するなどの設定となった。

BRIGヒルクライムチャレンジシリーズ

画像ギャラリー