1800万円オーバーの「プチ豪邸」も! クルマ好き女子が惚れ込んだ「高級キャンピングカー」3選 (1/3ページ)

1800万円オーバーの「プチ豪邸」も! クルマ好き女子が惚れ込んだ「高級キャンピングカー」3選

室内はまさに高級ホテル並みのゴージャスさ!

 最近のキャンプブームや働き方の変化であるリモートワークなど、屋外や会社以外での空間で過ごすことが多くなったことを受け、アウトドア以外の用途としてもキャンピングカーに注目が集まってきているようです。2021年4月2日〜4日の3日間、幕張メッセで開催されたジャパンキャンピングカーショー2021も大盛況でした。

 ところで、キャンピングカーといっても種類も多種多様で、なかには1000万円を超える高級なモデルもあり、一軒家が建ちそうな価格設定でも購入する人は必ず存在します。果たしてそのような高額なキャンピングカーの室内は? どんな人が買っているのか? など憧れへの好奇心はかき立てられるものですよね。PULSE 7051EBの内装 そのなかで、クルマ好き女子(愛車はカスタムしたスバルWRX S4です♪)の私が、女の子目線で高級なキャンピングカー3台をチェックしました!

Dethleffs GLOBEBUS GT l1

 最初に訪れたのは、東和モータースブース。車体幅2190mm、全長6930mmとバスコンキャンピングカーの中ではコンパクトなサイズで取り回しも思ったよりも楽(!)だというフィアット・デュカトベースのデスレフGLOBEBUS GT l1。Dethleffs GLOBEBUS GT l1 室内はフロントにもプルダウンベッドが装備されており、リヤベッドと合わせてゆったりと大人4人が就寝可能なレイアウトになっているのがポイントです。Dethleffs GLOBEBUS GT l1 室内全体は、明るい木目調とホワイトを基調としたカラーリングで清潔感がある落ち着いた印象でした。運転席と助手席は回転し後席と対面できるのでリビングのテーブルを使用したり、団欒したりする時も便利!Dethleffs GLOBEBUS GT l1 キッチンは3口コンロで、料理の幅も広がるし、使い勝手が良さそう! 隣のシンクは大きさも十分でちょっとしたものを洗うのに不便しないですね〜。キッチン上下には収納スペースもあり、家と同じような動線で調理できそうで、ストレスも少なそうだと感じました。Dethleffs GLOBEBUS GT l1 トイレ・シャワールームも広々としており、電車のトイレのような窮屈さを感じないの嬉しいですね。また、大きめの鏡がついていて身だしなみを整えるのにも最適。実際、トイレは使用後の後処理が大変なことから使用する人は少ないそうです。着替えや化粧ルームとして使うことがメインと考えてもらえばいいとのことでした。Dethleffs GLOBEBUS GT l1 そして、気になるベッドルームは、もはや高級ホテル! 両側が窓になっており開放感抜群、ベッドはフカフカでどこへ出かけても快適な睡眠が取れるのは言うまでもないです。ベッド上下に収納スペースが設けられており、ベッド周りで使うものを置いておいたり、人数分の荷物もたくさん積めるので長旅も安心!Dethleffs GLOBEBUS GT l1 クルマ自体には、追従機能やクルーズコントロールなどの最新の安全装備機能はないものの、車線逸脱センサーや減速ブレーキ等は付いているとのこと。安心安全のTopView 360(360°全方向カメラ)は標準装備であり、後方の確認やバック時には役立ってくれる。圧倒的にバックする時にぶつける方も多いそうなので注意が必要です。Dethleffs GLOBEBUS GT l1 車両後方の荷室は、バイクを積載できる広さで、もはやここで過ごしてもいいのではないかと思うほど広くてびっくり。Dethleffs GLOBEBUS GT l1 ここまで紹介してきましたが、気になる価格は約1300万円! ちょっとした家が建つほどの値段ですが、購入する方は会社経営者や地主が多いとのこと。会社の経費や福利厚生としての購入も多く、社員が落ち着いて仕事できる個室的なスペースという位置づけで使用することもあるそうです。

 都会では駐車をしておくのも一苦労なので、郊外住みやのんびりとした田舎暮らし、土地持ちの方もよく買われるとか。なかには駐車場2台分を借りているパターンもあるそうです。買うにしても維持するにしても、なんだかすごいなーと開いた口が塞がらないですよね。

画像ギャラリー