放っておくとすぐに汚れる「アルミホイール」! 簡単にキレイにできる「お手軽メンテ術」とは (1/2ページ)

放っておくとすぐに汚れる「アルミホイール」! 簡単にキレイにできる「お手軽メンテ術」とは

注目されるアルミホイールだけに汚れも目につきやすい 

 洗車に絶好の夏が来た。長い梅雨の間、「どうせ濡れるから」とあまり洗車を行わなかった人は、とくにこれからの季節、愛車を長持ちさせるためにもぜひ洗車をしたいものだ。

 洗車といえば、アルミホイールの洗浄もきっちりやりたいことのひとつ。ホイールはクルマのスタイルに大きく関わるパーツだけに、きれいにするだけで愛車がグッと引き立つ。ブレーキダストのついたホイール アルミホイールの洗い方にも、実はいくつかポイントがある。重要なのは、ブレーキダストが付着していた場合。ブレーキダストは制動時にパッドとローターが摩擦することで出る鉄粉。そのままにしているとホイールの塗装面を傷め、サビの原因になる。そこでここではおすすめのホイール洗浄法をお伝えする。

ポイントは汚れを浮かせてから取り除くこと

 アルミホイールの洗浄は、できれば手洗いで行いたい。洗車機にかけると、使われている洗剤やブラシにより、塗装面に傷がつく場合もあるからだ。洗い方といっても、基本はボディと同じで特別なことはない。手順は以下の通りいたって当然の流れだ。

1.水で汚れを洗い流す

2.柔らかい布で手洗い

3.乾いた布やタオルでカラ拭きする水で汚れを浮かせてから ちょっとした注意点やポイントさえわかっていれば、さらに問題なく簡単にできる。そのあたりをあげてみよう。

 まず、アルミホイールに水をかけて、全体的に汚れを浮かせるようにして洗い流す。次は、表面に傷を付けないように、できるだけ柔らかい布やタオルを水で濡らして、丁寧にホイールを手洗いする。泥汚れはもちろん、黒くなったブレーキダストなどを落としていく。汚れがひどかったり、油分が付着している場合などは、食器用などの中性洗剤をバケツなどに入れ水で薄めて、布などに付けて洗うといい。食器用中性洗剤などを薄めて使用

画像ギャラリー