車いすレーサー青木拓磨が全開走行! ホンダNSX&CBR1000RR-Rでゼロヨン対決、勝ったのはドッチ? (1/2ページ)

車いすレーサー青木拓磨が全開走行! ホンダNSX&CBR1000RR-Rでゼロヨン対決、勝ったのはドッチ?

高速周回路でマシンの限界に挑む!

 車いすレーサーとして、ル・マン24時間レースなどにも参戦する青木拓磨さんが7月11日、レーシングライダーの鶴田竜二さん率いるバイクチューニングショップ&レーシングチーム「トリックスター」とコラボ。トリックスター主催のバイク走行会「超MAXSPEED 走行会 in JARI 城里高速周回路」にて、ホンダが世界に誇るハイブリッドスーパースポーツカー・NSXを駆って、0-400m加速&最高速対決に挑んだ。

CBRの圧倒的な加速はやはり強烈

 その相手はなんと、同じくホンダの大型二輪スーパースポーツ・CBR1000RR-Rと、ランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテ! 国産&輸入スポーツカーのエアロパーツやマフラーの開発を手掛けるノブレッセが持ち込んだ、この2台とNSXとの走りの違いは……?

3台の対決

 当日も早朝から、自ら愛用の手動運転装置を付けたNSXを駆り、JARI(日本自動車研究所)城里テストセンターに姿を見せた青木さん。颯爽と高速周回路にコースインし、スピードリミッターを解除、CBRやウラカンとともに徐々に速度を上げていく。結果はなんとCBRが終始ブッチギリ!! やはりバイク、それもスーパースポーツは速かった……。青木さんもこの圧倒的な差には「完敗!」のひと言だった。

CBR VS NSX

 一方ウラカンに対しては、「NSXは0-200km/hまではすごく速いけど、そこから先は伸びないね」と悔しそうな表情。実際にウラカンは、速度が上がるにつれてNSXとの差を縮めていった。とはいえそんなNSXも、最高速度は280km/hをマーク。「若干タイヤが横によれるものの安定性は抜群で、スピード感がないくらいだね」と、シャーシ性能は超高速域でも余裕に満ち溢れているようだ。

NSX走行後の青木拓磨さん

 では、NSXのハイブリッドカーならではのモータートルクが活きる、0-400m加速はどうか。青木さんも走行前、「ここではいいところを見せたい!」と意気込んでいたが……。

NSXのエンジン

 やはりCBRの圧勝! この結果に青木さんは「やっぱりバイクは速いね。とくにパワーウエイトレシオの差は大きいね」と唸ることしきり。実際に比較してみると、NSXの1780kg(カーボンセラミックブレーキ装着車)÷507ps=3.51kg/psに対し、CBR1000RR-Rは201kg÷218ps=0.92kg/psと、なんと1kg/psを切っていた!

 なお、ウラカンに対しては、0-200m付近まではNSXがリードするものの、そこから先は徐々にウラカンが差を詰めていき、400m地点では横一線になるという、じつに熱いバトルを見せてくれた。

画像ギャラリー