よく聞く「車高調」って何? 意外と知らないサスペンションの「シャコタン」カスタマイズ (1/2ページ)

よく聞く「車高調」って何? 意外と知らないサスペンションの「シャコタン」カスタマイズ

それぞれの特徴をしっかり知っておこう

 車高を下げてカッコよくしたい。サーキットを走るためにもう少し足を硬く仕上げたい。クルマの魅力に磨きをかける足まわりのグレードアップにはさまざまなパターンが用意されている。事前にそれぞれの特徴を把握しておけば、後悔することなく自分に合ったパターンが選べるはずだ。

スプリングのみ交換が一番お手軽

 一番手軽なアイテムはローダウンスプリングではないだろうか。ノーマルよりも短いスプリングに交換するというやり方だ。短くなったぶん、車高が落ちてルックス的にスポーティな雰囲気が味わえる。しかもローダウンは見た目ばかりでなく、無駄な動きが抑制される効果もあって走りが小気味よく感じる。クルマによってはコーナーで大きなロールが減ることによる安定感の向上も期待できる。

車高調から純正形状、スプリングまで足まわりパーツの選び方

 基本的にこの手のスプリングは、ノーマルのダンパーと組み合わせて使うことを想定して開発されている。だから高度な技術が味わえる純正の電子制御式ダンパーを装着している車両は、その機能がそのまま生かせるのだ。

 ローダウンスプリングに交換するときの大前提はダンパーが新品と同様に機能しているということ。ヘタったダンパーと組み合わせても本来の性能は得られない。車高は下がるだろうが、走りに関してはスプリングの動きをダンパーが制御しきれなくなってしまう。ダンパーは時間が経てばヘタるということを忘れてはならない。

車高調から純正形状、スプリングまで足まわりパーツの選び方 ちなみに最近はKWやMSSといった1部のメーカーで、スプリングの長さを調整できる機能を持ったタイプを展開している。ローダウンスプリングも進化しているのだ。

ダンパー交換で走りに余裕が出る

 どうせならダンパーもグレードアップしたいというユーザーには、純正形状のダンパーとスプリングがセットになった足まわりに交換するというパターンがある。

 当然スプリングは純正よりも短く、ダンパーも余裕のある減衰力を確保していて純正以上のパフォーマンスを狙っている。使われているスプリングの形は純正と同様に樽型の場合が多く、アタリが柔らかく交換後に違和感が少ないのも特徴的。

車高調から純正形状、スプリングまで足まわりパーツの選び方

 ローダウンスプリングとの大きな違いはショックのスプリングとのマッチングが吟味されていることだ。スプリングの長さやバネレートを鑑みて、より効果が発揮できる減衰力やストローク量を持ったダンパーを設定。こうして足まわりにとってはとても重要な、お互いの機能を高め合える組み合わせを行っている。

 ダンパーは減衰力が調整できるタイプも選べる。ハードに走りたい場合や、大人数での移動、それに荷物を満載した場合などに減衰力を高めて対応できる。

車高調から純正形状、スプリングまで足まわりパーツの選び方

画像ギャラリー