限定300台でも即完売した「究極のWRX STI」! ニュル24時間を制した「S206」の本気過ぎる中身 (1/2ページ)

限定300台でも即完売した「究極のWRX STI」! ニュル24時間を制した「S206」の本気過ぎる中身

STIコンプリートカーならではの専用チューンが施されている

 スバルWRX STI S206は2011年11月24日に300台限定で発売されたSTIの手掛けるコンプリートカー。GRB型で5ドアへとボディをスイッチしたWRXシリーズだが、市場の熱烈な声もあり、2010年のマイナーチェンジで4ドアモデルが追加された。

 STIが挑戦し続けてきた「ニュルブルクリンク24時間レース」(以下NBRチャレンジ)も2010年に発売された4ドアモデルのSTIコンプリートカー「WRX STI tS」をベースに参戦するようになった。スバル・インプレッサWRX STI S206

NBRチャレンジで培ったテクノロジーを惜しみなくフィードバック

 S206には、先代のR205同様NBRチャレンジで培ったテクノロジーを惜しみなくフィードバックしていることもあり、ベースモデルも4ドアとなっている。また、2011年のNBRチャレンジではクラス優勝を獲得したことを記念し、S206にはスペシャルアイテムを追加装備した「NBRチャレンジパッケージ」も設定。以降発売されるS207、208はもちろん、WRX S4 tSにもNBRチャレンジパッケージを展開していった。スバル・インプレッサWRX STI S206

 先代のR205ではベースモデルは軽量モデルの「スペックC」となっていたが、S206では標準モデルとなる。走りの性能に特化した「R205」に対し、内外装にもこだわったS206はプレミアムスポーツというSシリーズならではの上質さを重視した結果のチョイスといえそうだ。スバル・インプレッサWRX STI S206

画像ギャラリー