愛工房の「予算1万円以下」でできるお手軽DIY! ハイエースの「貼りモノ」カスタマイズ4選 (1/2ページ)

愛工房の「予算1万円以下」でできるお手軽DIY! ハイエースの「貼りモノ」カスタマイズ4選

すべて「1万円以下」でDIYできる!

 DIYで愛車のイメージを手軽に変えることができるパーツを豊富にラインアップしている愛工房。同社から新たにトヨタ・ハイエース(レジアスエース)用の新製品が登場した。

 今回の新作アイテムは「ゴーストエンブレム&新色エンブレムステッカー」と「ゴーストフューエルキャップステッカー」。もうひとつは「リアナンバーサイド 黒ピラプロテクター」の3つに加えて、リアの窓枠に貼ることで水垢を防ぐCloselyモールの使い方を写真とともに紹介をしていこう。

【新製品】ゴーストフューエルキャップステッカー

 愛工房といえばこれまでもハイエース(レジアスエース)用のユニークな給油口シールを多数リリースしてきた。例えば、ヒョウ柄、迷彩柄といったデザインもあれば、アルミのシマ板柄や給油口が空いているように見えるシャレが効いたものもあった。ゴーストフューエルキャップステッカー

 今回、発売されたのはゴーストシリーズ。ぱっと見は黒い給油口シールにしか見えないが、近づいてみると“HIACE”の文字が薄く斜めに配置されているのがわかる。ゴーストフューエルキャップステッカー

 実はこのステッカー、光があたることでキラキラと文字が浮かび上がるというユニークなアイテム。太陽光でも虹色に光っているのがわかるが、注目は夜間でヘッドライトをボディに照らすと “HIACE”の文字が7色に艶めく。見た人を思わず「おぉ〜!」と、唸らせるニクい演出はイベント会場でも目立つこと間違いなし! ゴーストフューエルキャップステッカー

 ちなみに、ステッカーにはポッティング加工(ウレタン樹脂でコーティングしたもの)が施されており、平面的なシールよりも美しい仕上がりで、高級感と立体感があるのもうれしい。また耐候性も高く、太陽光や温度、雨に濡れても劣化しにくいのも特徴だ。ゴーストフューエルキャップステッカー

 ステッカーの貼り付け方法は、装着前に給油口に付着しているゴミを除去し、シリコンオフなどでワックスやコーティングといった油脂を落としてから、空気が入らないようにペタッと貼り付けたい。

 価格は送料込みで5000円(税込)。

【新製品】ゴースト エンブレムシーム

 クルマの印象を変えるとき、手軽に交換できるアイテムとしても上位に入るのがエンブレムだ。愛工房では、トヨタが1936年から1989年までの53年間も使用されてきた、レトロ調のカタカナトヨタロゴをリリースしてきた。

 今回あらたに追加されたのが、ゴーストエンブレムだ。文字には立体的に見えるエンボス加工(文字に凸凹をつける加工)とボッティング加工が施され、高級感も増している。実際に手に取るとわかるが、文字の凹凸の形状はずっと見ていたくなるほどの造型美であることも付け加えておきたい。ゴースト エンブレムシーム

 また、給油口ステッカーと同じく、太陽やヘッドライトの光を当てることで虹色に光り、衆人の目を奪うことだろう。

 ちなみに、ゴースト以外にもぷっくりとしたフォルムが可愛い透明素材のフレーク素材を使った赤・青・黄の3色も今回あらたにラインアップされている。好みの1枚をチョイスして装着してほしい。ゴースト エンブレムシーム

 取り付け方法は、純正エンブレムを剥がした(剥がすときはエンブレムのまわりの養生を忘れずに!)ところを脱脂し貼り付けるだけだ。

◆149mm×103mm ワイドフロント:4000円(税込)
◆140mm×96mm 標準フロント/ワイドリア:3700円(税込)
◆130mm×89mm 標準リア 3500円(税込)
(価格は全て送料込み)

画像ギャラリー