ニュル24時間レースで鍛えた運動性能! 400台限定「WRX STI S207」は何がスゴかったのか (1/2ページ)

ニュル24時間レースで鍛えた運動性能! 400台限定「WRX STI S207」は何がスゴかったのか

走行性能以外にも静粛性や快適性も向上している

 スバルWRX STI S207はVAB型WRX STIをベースとしたコンプリートカー。2015年に400台限定で発売されたモデルだ。3代目インプレッサのGRB型(ハッチバック)をベースとしたR205や、マイナーチェンジ後のGVB型(セダン)をベースとしたS206に続くWRXベースのSシリーズの第7弾となる。

 ベースモデルがGR/GV系からVABへスイッチしたことでボディ剛性が大幅に向上し、ポテンシャルも向上している。この辺りはSTIコンプリートカーを持ってしてもベースモデルの持つ“素材”の部分だけはどうにもならないこともあり、S206からS207への進化は見た目やスペックだけでは計り知れないものがある。スバルWRX STI S207

“S”にふさわしい装備を多数搭載

 S207のスペシャルアイテムはエクステリアにSTI製専用大型フロントアンダースポイラーやリヤバンパーエアアウトレット、BBS製19インチアルミ鍛造ホイールなどを装着。スバルWRX STI S207のBBS製ホイール

 メカニズム面ではエンジンバランス取り、専用ECUに低排圧マフラー、ボールベアリングターボの採用などにより、最高出力328ps/7200rpm、最大トルク44.0kgm/3200-4800rpmを発生。スバルWRX STI S207のエンジンルーム 高められたスペックを受け止めるブレーキもブレンボ製モノブロック対向ピストンキャリパー(フロント6ピストン、リヤ4ピストン)とドリルドローター(フロント2ピース・リヤ1ピース)を採用している。スバルWRX STI S207のブレーキ周り

画像ギャラリー