「限定300台」「世田谷まで来ないと売らん」! 超強気だったのに爆売れだったロードスター「M2 1001」秘話 (1/2ページ)

noteで書く
「限定300台」「世田谷まで来ないと売らん」! 超強気だったのに爆売れだったロードスター「M2 1001」秘話

この記事をまとめると

  • 世界中で愛されるコンパクトオープンカー「ロードスター」
  • マツダの実験工房であるM2が手掛けたコンプリートカーが存在
  • 専用チューンが施され予定販売台数を上まわる購入希望者が殺到

世田谷のM2本社まで足を運ばなければ買えなかった

 今でこそトヨタのGRシリーズや日産のNISMOシリーズのように、メーカーが自社の車両をベースにカスタマイズしたコンプリートカーを販売するというのも珍しくなくなってきている。その昔、道路運送車両法の規制緩和がなされる1995年以前は、改造車全般に対してまだまだディーラーからの風当たりは強かった。

 そんな時代の真っただ中であった1991年12月に、「M2」がリリースしたロードスターがベースの特別仕様車「M2 1001」は、300台の限定台数に対し、800件以上の応募が集まるほどの人気となっていた。M2 1001のリヤビュー このロードスターを作り上げた「M2」とは、マツダの商品企画の実験工房として設立されたもので、“第2のマツダ”を意味していた。

ロードスターを硬派なライトウェイトスポーツに仕立て直した

 当時は世田谷区に立てられたM2ビルを拠点としており、ここにはマツダの開発スタッフが常駐。来場者と直接コミュニケーションを取り、M2が手掛けた車両やプロトタイプモデルに実際に触れることができる貴重な場所となっていた。M2 1001のテールランプ そんなM2が手掛けたM2 1001は、M2の立ち上げと同時にリリースされた。スポーツドライビングを手軽に楽しめるロードスターを本格的で硬派なライトウェイトスポーツに仕立て直したもの。

 1.6LのB6エンジンはハイカムやハイコンプピストンなどを採用して圧縮比を10.67まで高め(ノーマルは9.4)、ポート研磨を実施。排気系には4-2-1レイアウトのエキゾーストマニホールドやスポーツマフラーを採用し、専用ECUによって出力は130ps/15.1kg-m(ノーマルは120ps/14.0kg-m)まで高められていた。M2 1001のエンジンルーム

noteで書く

画像ギャラリー