6速MTのみの「特別すぎる」レガシィ!「S402」は世界最強のグランドツーリングカーだった (1/2ページ)

noteで書く
6速MTのみの「特別すぎる」レガシィ!「S402」は世界最強のグランドツーリングカーだった

この記事をまとめると

  • Sシリーズはスバル車をベースにSTIが仕立てたコンプリートカー
  • レガシィをベースにしたモデルも存在
  • ベース車にはない2.5Lターボ+6速MTの組み合わせ

レガシィ初のSモデル「S401」はセダンのみの設定だった

 SシリーズにはインプレッサまたはWRXをベースとした「S2○○」と、レガシィ系をベースとした「S4○○」が存在する。いずれもSの称号を与えられるモデルというだけあり、内外装から足まわり、エンジンに至るまでベース車とは一線を画す格別のモデルだ。4代目レガシィで登場したS402

 レガシィ初のSシリーズは、2002年に登場したS401から始まる。S401は3代目レガシィB4をベースにしたセダンボディのみの設定だったが、不等長の独特なサウンドが5ナンバーサイズで楽しめるうえ、6速MTやブレンボキャリパーなどの特別架装を備えた貴重なモデルであった。

 その後はBP/BL型と呼ばれる4代目レガシィをベースにした「tuned by STI」が2005年/06年/07年と3年連続で発売。現在のtSシリーズに通じる足まわりを中心にSTIがチューニングしたモデルで、Sシリーズとは別のシリーズであり、Sシリーズの系譜であるエンジン関連のチューニングは施されず、ATモデルも設定されていた。

4代目レガシィで登場したS402

エンジンはもちろん強靱なシャーシが誇る卓越した走りを実現

 そして2008年に満を持して登場したのが「S402」だ。このモデルは、4代目レガシィをベースに輸出仕様のEJ25型2.5L水平対向4気筒DOHCツインスクロールターボに6速MTを組み合わせていた。

 4代目レガシィで2.5Lターボ&6速MTの組み合わせを味わえるのは唯一S402だけ。等長等爆エキゾーストシステム、ツインスクロールターボの組み合わせも希少な存在であった(2.5XTやWRX STI A-Lineはシングルスクロール)。最高出力210kW(285ps)/5600rpm、最大トルク392Nm(40.0kg-m)/2000〜4800rpmの高性能を発揮し、4代目レガシィのなかで最高のスペックを誇った。2.5L EJ25型ツインスクロールターボエンジン

 サスペンションはSTIが誇るフレキシブルシリーズをはじめとしたシャーシチューニングに加えて、STIチューニングのビルシュタイン製ダンパーとスプリングをマッチング。その他、STI製ピロボールブッシュリヤサスリンク、BBS製鍛造18インチアルミホイール+235/40R18タイヤなども専用装備。ハイパワーエンジンと抜群のフットワークに加えて、制動性能もフロントにブレンボ製18インチ2ピースブレーキローター&対向6ポットモノブロックキャリパー、リヤにもブレンボ製17インチローター&対向2ポットキャリパーを採用。卓越した走りを高次元でバランスさせていた。

4代目レガシィで登場したS402

Sシリーズ唯一のツーリングワゴンをラインアップ

 前述のとおり、ボディ形状はS401がセダンのみの設定であったのに対し、S402は待望のツーリングワゴンも設定。現時点ではSシリーズで唯一無二のワゴンボディである。S402ツーリングワゴンフロントスタイリング

 限定数はセダン/ワゴン合わせて402台。4代目レガシィのパワーユニットは2L 4気筒エンジンが主力であったが、2.5Lのターボモデルはアウトバックの特別仕様車「2.5XT」以外では、S402だけに搭載された。S402ツーリングワゴンリヤスタイリング

 ちなみにS401では型式名が標準モデルのBE5型に対し、BESという専用型式が与えられ、S402の場合はツーリングワゴンがBP9改、セダンがBL9改というベースモデルからの構造変更車という扱いであった。

 また、エクステリアはSTI製のカーボンフロントアンダースポイラーや金属調ドアミラー、専用オーナメント類が目を惹く。だが、なんといってもフェンダーグリルを備える片側20mmずつ拡幅された専用フロントワイドフェンダーがエクステリア最大の特徴といえる。

 マニアックな部分ではベースモデルの2.0GTスペックBには非装着のヘッドランプウォッシャーが備わる点にも注目。あらゆる環境で視界を確保する究極のグランドツアラーらしい装備である。

4代目レガシィで登場したS402

 対してインテリアは、エクステリアやメカニズムに対して控えめな印象だ。専用のトリム類が採用されているものの、一見ベースモデルと同じように見えるカップホルダーには赤色のイルミネーション(ベースモデルはブルー)が採用されたほか、STIロゴや表皮だけと思わせるシートは座面に専用低反発クッションが備わるなど、形状だけでは計り知れないこだわりの専用アイテムが与えられていた。

4代目レガシィで登場したS402

noteで書く

画像ギャラリー