「起動電力」ってナニ? キャンプをもっと快適にする「AC電源搭載車」の賢い選び方 (1/2ページ)

noteで書く
「起動電力」ってナニ? キャンプをもっと快適にする「AC電源搭載車」の賢い選び方

現代のキャンプは家電をうまく使うのがポイント

 炊飯器やホットプレート、そして送風機など、家電の有効活用が現代のアウトドア、キャンプでは重要なポイントかつ充実度の決め手になる。家電を駆使することで、キャンプ初心者やキャンプに慣れていない女性や子どもも、いちだんとキャンプが快適に楽しめるというわけだ。

送風機を使う青山さん AMW キャンプで電気の使用を最初からあきらめる、キャンプサイトの電源に頼る……というのは過去の話だ。クルマの電動化とともに、電動車に装備されるAC100V/1500W電源(コンセント)を利用(併用)するのが今風なのである。

 そこで、アウトドアやキャンプに向く、家電品が車内外で使えるAC100V/1500W電源(コンセント)を用意しているクルマを紹介したい。おっと、その前に家電がそれぞれどのぐらいの電力を消費するかも知っておくべきだろう。1500Wを超えての使用ができないからである。

起動電力が高くて使えない場合も……

 まず、キャンプに持っていくと絶対便利な家電品のなかでも、電源ONの瞬間に電力をグーンと使う起動電力の大きいもの(表記の後者は起動電力)からピックアップしよう。小型電気ポット(900W/950W)、小型冷温庫(80W/250W)、電子レンジ(950W/1450W)などが挙げられる。とくに電子レンジは、ほかの家電との併用を避けなければならないことがわかる。

電子レンジのイメージ AC

 つぎに、起動電力を気にしなくていい家電品としては、暑い時期のテント内に不可欠な扇風機(30W)、コーヒー党にはたまらないコーヒーメーカー(650W)、調理、焼肉などに活躍するホットプレート(1300W)、テント内の夜の照明にあると嬉しいLEDスタンド(20W)という感じだ。つまり、夜、扇風機とLEDスタンド、コーヒーメーカーなどは併用が可能ということだ(あくまで目安。実際に使う家電品の消費電力を要確認)。

やはりプラグインHVがオススメ!

 では、そんな家電品が使えるキャンプで大活躍してくれるクルマと言えば、やはり搭載バッテリーの容量に余裕があるプラグインハイブリッドが適している。具体的には、三菱エクリプス クロスPHEVの場合、満充電の状態で一般家庭の最大約1日分、エンジンでの発電も組み合わせれば、ガソリン満タンで最大約10日分の電力量が供給可能なのだから、頼もしい。

エクリプスクロスPHEV AMW

 よって、最有力候補としてアウトドア、キャンプシーンにぴったりで、悪路走行にも強い車種、つまりSUVのPHEV、PHVをピックアップ。すると、上記の三菱エクリプス クロスPHEV、同等の給電性能を持つ三菱アウトランダーPHEV、そしてトヨタRAV4 PHVが挙げられる。

アウトランダーPHEV AMW

 ただし、PHEV、PHVはまだまだ割高(ガソリン車、HVと比べた場合)。比較的手ごろな価格の電動車でAC100V/1500W電源(コンセント)を用意しているクルマもある。さすがにグレードによって最大4個も装備しているアルファードHVは、アウトドアやキャンプには高級すぎて(!?)かなり微妙。

 だが、カジュアルなミニバンのトヨタ・ヴォクシー&ノアHV、トヨタ・シエンタ(FUNBASE)HV、ホンダ・ステップワゴンe:HEV(HV)、ワゴンのトヨタ・カローラツーリングHVのAC100V/1500W電源(コンセント)装着車(車種によってOP設定)であれば、価格的にも手に入れやすく、さらに車中泊もしやすいというメリットがある。

ノアハイブリッド

noteで書く

画像ギャラリー