走ってよし! 見た目もグッド! バブルを謳歌した国産スポーツセダン6選+1 (1/2ページ)

走ってよし! 見た目もグッド! バブルを謳歌した国産スポーツセダン6選+1

1990年代の人気国産スポーツセダンをプレイバック

 ミニバンやSUVが全盛期の今では想像しにくいかもしれないが、1990年代に乗用車といえば圧倒的にセダンが主流だった。そうした1990年代のセダンのなかで、走りの良さとスタイリングから人気があったスポーティセダンをいくつか振り返ってみることにしよう。

トヨタ・チェイサー(JZX100)

 80年代のハイソカーブームの頃から人気があった、マークⅡ、クレスタ、チェイサーの三兄弟。1992年にツインターボの1JZエンジンが搭載された90系のツアラーVが登場したことで、チューニングベース車両として存在感が出てくる。

【関連記事】BMW初代「M3」が3000万円! フルオリジナルの奇跡の個体は日本に納車されたエムスリーでした

100系トヨタ チェイサー画像はこちら とくに1996年のモデルチェンジで100系チェイサーが出てくると、ゼロヨン、サーキット、ドリフト、ストリートとジャンルを問わず支持されるようになる。

 人気の秘密は、ストレート6のターボエンジン、FRの駆動方式、MT、そしてちょっと厳ついフェイス、さらに70&80スープラからエンジンやブレーキなど流用できるパーツが多かったのも大きい。直列6気筒ターボエンジン画像はこちら モータースポーツでもJTCCレースやD1でも活躍し、チェイサー=スポーティというイメージが定着したのも大きかった。

日産プリメーラ(P10)

 1990年に登場した欧州志向の質実剛健な2リッターセダンが初代プリメーラ(P10)だ。

 R32スカイラインと並んで、日産の901活動の代表的な車種で、しっかりしたボディと新開発のマルチリンクサス(フロント)によって、小気味のいいハンドリングと、コシのあるサスペンションを実現。やや固めの味付けだったが、長距離を乗っても疲れないアシで、日産のFF車のなかでは画期的なシャーシ性能を誇っていた。プリメーラP30画像はこちら 室内やトランクもクラストップクラスの広さを誇り、ベーシックカーのお手本といえるほど使い勝手も良かった(プリメーラパッケージ)。

 モータースポーツでは、JTCCに日産ワークスが参戦し、長谷見昌弘、星野一義がドライブ。インターTECでは4連勝を果たしている。 日産の良心が詰まったセダンだった。

初代プリメーラ(P10)レース仕様画像はこちら

トヨタ・アリスト(JZS147)

 80スープラよりも先に、3Lツインターボの2JZエンジンを搭載したのが初代アリスト。280psのハイパワーで、国内最速セダンと呼ばれた一台。初代アリスト画像はこちら ボディデザインはあのイタルデザインが担当し、スタイリングの良さも人気の理由である。1991年から1997年までに6万9010台が販売され、1997年のモデルチェンジで、2代目にバトンタッチした。

 もともと海外ではレクサスブランドの「GS」として売られていて、3代目は国内でもアリストではなく「レクサスGS」として販売された。