女子レーサーがボルボXC60で行く! 九州「インスタ映え」電動SUVツーリング紀行 (1/3ページ)

女子レーサーがボルボXC60で行く! 九州「インスタ映え」電動SUVツーリング紀行

全車ピュアEV化に向けた転換期のPHEVでインスタ映えドライブ

 ボルボは、2019年からすべてのモデルを電動化(電気自動車/プラグインハイブリッド車/マイルドハイブリッド車)し、CO2排出による環境負荷を低減する対策を急速に進めています。そんななか九州・福岡を拠点に、最新のプラグインハイブリッドを搭載したSUVを1日たっぷり試乗できる機会をいただきました。電気モーターとガソリンエンジンを使い分けた効率よい走り、そして先進の安全・運転支援機能などを観光名所を巡りながら1日たっぷり堪能できることに。エンジンオフで車高が下がったXC60のフロントスタイル

 今回の試乗車は、ミドルサイズSUVとしてラインアップされるXC60シリーズのトップエンドモデル「XC60 Recharge Plug-in hybrid T8 AWD Inscription」です。ボルボでは内燃機関の廃止を謳い、2025年までに世界の新車販売台数の50%をピュアEVモデルに、2030年までに全車をピュアEVモデルにすることを目指しています。全車EV化に向けての転換期にリリースされた同モデルを相棒にして、インスタ映えポイントを巡るドライブです。エンジンオフで車高が下がったXC60のリヤスタイル

慣れてしまえば女性でも運転できる取り回し性を発揮する!

 朝8時、はやる気持ちを抑えながら、梅雨明けの青空が広がる博多駅前を出発。SNSで知った糸島市にある映えポイントを目指します。XC60が駐められた立体駐車場は、古い造りのためか少し窮屈な構造です。出庫するまでのスロープ路では1900mmある車幅に気を使いましたが、博多駅前から都市高速までの朝の渋滞を抜けるころには、その大きさにもすっかり慣れることができました。電気モーターのアシストでXC60の滑らかな走行フィール

 ミドルサイズSUVとしては少し大きい部類(全長4690/全幅1900/全高1660mm)に入るXC60。思ったよりも車幅感覚が楽につかめる秘訣は、快適で適切な姿勢を取ることができるシートポジションと視界の良さにあると感じました。身長161cmの私ですが、女性でも一度慣れてしまえば不自由なく運転できると言えそうです。

SNSで知った映えスポットの「ヤシの木ブランコ」に感激!

 出発から30分、至極快適なドライブで最初のインスタ映えスポットに到着。糸島を目指した理由は、エメラルドグリーンの海が広がる砂浜の「ヤシの木ブランコ」です。効率よく「映え」ポイントを巡るため、ヤシの木ブランコを朝一番にスケジューリングしたことのは大正解。想像以上の南国な雰囲気にテンションは爆上がりです。海に向かって漕げるブラントが気持ちいい

 しかも海開き前なのか人がほとんどおらず、プライベートビーチ感たっぷりでした。風を感じ、海を眺めながらブランコにゆられた時間は最高の朝活になりました。ヤシの木ブランコから見たXC60 残念ながら次の目的へ急ぐため、二見ヶ浦にあるパームビーチに立ち寄ることはできませんでしたが、この場所も人気スポットのようです。玄界灘を望む、サンセットロードとしても有名な県道54号線には、リゾートモール化されたレストランやカフェなどで食事やショッピングなども楽しめるそうです。

九州を舞台にしたボルボXC60リチャージ プラグインハイブリッドのドライブ紀行。ドライバーは女子レーサーとして、またライターとしても活躍の場を広げている猪爪杏奈がSNS映えポイントと美食を求めてXC60をテストドライブ&インプレッションします!