ワイルド・スピード最新作 「ジェットブレイク」はもう観た? 劇中で活躍した「国産スポーツカー」8連発 (1/3ページ)

ワイルド・スピード最新作 「ジェットブレイク」はもう観た? 劇中で活躍した「国産スポーツカー」8連発

この記事をまとめると

  • 「ワイスピ」シリーズで活躍した日本車を紹介
  • 外国目線のフィルター越しに見る日本車の雰囲気も魅力
  • 2000年代前半の「スポコン」人気がうかがわれる

世界を虜にした「ワイルド・スピード」に登場する日本車を振り返る

 ふんだんな予算をベースとしたド派手なカーアクション映画の金字塔といえば「ワイルド・スピード」です。押しも押されぬヒット作であり、2001年からの世界累計の興収は5500億円を突破。毎作品、度肝を抜かれるカースタントの引き出しの多さには、さすがはハリウッド流のエンタメの真髄を感じます。

 これまで20年間の歴史の中でスピンアウト作品を含め、全9作が作られてきました。現在、公開中の「ジェットブレイク」は、日本公開前の全米ランキングでは首位独占。550億円を超える興収を叩き出した上での日本上陸。シリーズ累計10作目という記念すべきアニバーサリー作品らしく、それに見合ったシナリオとなっています。作品のポスターと柿ピーをむさぼるハン

 ワイルド・スピードのシリーズにおいていまだ人気が高いのが、ファンの間では「前3部作」と称されるまだヤンチャなストリートの香ばしさが残る「ワイルド・スピード」(2001年)、「同X2」(2003年)、「同X3 TOKYO DRIFT」(2008年)の3作品です。

 新作「ジェットブレイク」では、このころから引き続き出演しているキャストのほか、TOKYO DRIFTにおいて高校生役で主役を張った俳優ショーン・ボズウェルが、クルマ大好き少年の心のまま大人になった姿も確認することができます。往年のファンをしっかりとフォローする心憎さが随所に散りばめられています

 しかし何といってもワイルド・スピードが証明してくれたのは、海外における日本車のチューニング人気の凄まじさでした。2000年代前半は時あたかもスポコン全盛期。西海岸らしいキャンディカラーにバイナルグラフィックを貼り込み、外観を整えた上でエンジンはフルチューン。夜のストリートファイトにも映える仕立てでした。最新作でハンが乗るGRスープラ

 日本ではとても「コンパクト」に分類されないサイズのR34GT-Rや80スープラですが、劇中では当時のスポコンの文脈でカスタマイズされていました。日本車が主役級として登場するだけでもアガりますが、ボディパーツなどが日本でなじみ深いブランドだったり、よく見るパーツメーカーのデカールが貼られた姿はとても誇らしく鼻高々な気分になったものです。

 外国人目線のフィルターを通し伝わってくる日本車の雰囲気も一風変わったエキゾチシズムで、クルマのイジリ方ひとつをとっても国によって異なる走り屋カルチャーを感じることができました。ワイスピの世界観に虜になったファンも多く、劇中車両を趣味でレプリカしているオーナーも少なくありません。

 そんなスクリーンで大活躍した日本車を紹介していきましょう!

ブライアン役を演じた故ポール・ウォーカーがプライベートでも所有

【NISSAN スカイラインGT-R(BNR34)/オーナー:主人公ブライアン】

 第1作ではロス市警の巡査というお堅い立場でありながら、潜入捜査のために夜な夜なストリートに繰り出しドラッグレース(薬物ではない)にのめりこむ主人公・ブライアン。走り屋からすれば等身大の存在でした。鮮やかなベイサイドブルーのR34GT-R

 シリーズ2作目「X2」の冒頭に登場したのが、ブライアンが乗るスカイラインGT-R(BNR34)でした。まるで、正規でアメリカへ輸出されていたかの如く、ごく普通に登場していました。日本ではおなじみC-WESTのエアロとウイングが装着されていたので、一層親近感が増したものです。R34GT-Rに搭載のRB26DETTエンジン

 スピンオフムービーではブライアン自ら中古車ショップで購入後、DIYで全塗装までして仕上げています。

 また4作目の「MAX」にも登場しているR34GT-Rですが、こちらは警察の押収車を拝借したもの。どちらも出自が震っています。ブライアンを演じたポール・ウォーカーは役柄通りのジャパニーズ・チューンドカー好きで、プライベートでも保有していました。BNR34 GT-Rのリヤスタイル

北米のSUBARU人気の高さゆえ? 各世代のWRXが続々登場!

【SUBARU WRX STI(GRB/VAF)/オーナー:リトルノーバディ】

 いろいろあって巡査としての職を失ってしまった主人公ブライアン。その後、裏取引があったりしながら結果的にFBI捜査官へ転身。4作目「MAX」では黒ベースのボディにシルバーの加飾が施されたGRB型インプレッサWRX STIを足としたが、こちらも元押収品。映画公開が始まったワイルド・スピード「ジェットブレイク」。公開を記念して劇中で登場した日本のスポーツカーを振り返る

 7作目「SKY MISSON」ではWRブルーをベースとしたGRB型インプレッサWRX STIにも乗っていたのですが、敵の銃弾により結果として蜂の巣状態に。ちなみに同作ではGDB型のWRXもチョイ役で登場していました。映画公開が始まったワイルド・スピード「ジェットブレイク」。公開を記念して劇中で登場した日本のスポーツカーを振り返る

 8作目「ICE BREAK」では秘密組織(味方)の一員(演じたのはクリント・イーストウッドの息子)がVAF型(北米仕様なので2.5L)を駆り、迫力の氷上バトルを繰り広げていました。映画公開が始まったワイルド・スピード「ジェットブレイク」。公開を記念して劇中で登場した日本のスポーツカーを振り返る

画像ギャラリー