NSXよお前もか! 初代は大成功したのに2代目が振るわなかった国産車6選 (1/2ページ)

noteで書く
NSXよお前もか! 初代は大成功したのに2代目が振るわなかった国産車6選

この記事をまとめると

  • 大ヒットした初代よりイマイチな結果で終わったクルマ
  • 2代目が苦労した国産車をピックアップ
  • 初代ほど強烈なインパクトを残せなかったモデルも

ホンダNSX

 まずは先ごろ2022年いっぱいで生産終了のニュースが流れたNSX。507psを発揮するエンジンに加えドライブモーターが48ps、フロントのモーターが37psというスペックを誇る。システム全体としては581psもの高出力で、しかも駆動方式は4WDという文字どおりのスーパーカーだ。2代目がいまいちだった国産車

 鮮烈なデビューを飾った初代に負けない性能と話題だったが、街やサーキットで見かける機会はかなり少ないように感じてしまう。初代の3倍に近い2400万円オーバーの価格、専用工場での手作業に起因する生産台数の少なさ。そして車格の割りにチープと評されるインテリアの質感など、さまざまな要因で販売は振るわず、期待された『タイプR』も幻に終わりそう。性能だけを考えれば失敗にはほど遠い名車なのが惜しい。ホンダNSX

トヨタbB

 続いて10年を超えるロングセラーで販売台数も20万台オーバーながら、センセーショナルだった初代と比べ地味な印象が拭えないbB。トヨタbB

 ドレスアップ映えしそうな『ちょいワル』のデザインや、最上級グレードでは9つものスピーカーを備えていたり、フロントシートが沈み込み外部の視線を気にせずくつろげるモードなどを採用した。売れに売れた初代の実績に油断したワケではなかったはずなのだが……。

 不調だった理由はベース車が初代のヴィッツより小型なパッソになったこと、好き嫌いが分かれてしまいがちな外観や数々の装備、2009年の4月から実施されたエコカー減税の対象ではなかったことが挙げられる。それでも先に書いたとおり20万台は売れているのだが、初代がほぼ半分の販売期間ながら32万台であったり、後継モデルが出ずbBの名が消滅したことから、どうしても失敗作とのイメージを受けてしまう。トヨタbB

トヨタRAV4

 同じく性能は評価されつつ販売が不振だった2代目といえば、クロスオーバーSUVの先駆者とでもいうべきRAV4だ。トヨタRAV4

 1994年に発売された初代は5ナンバーのサイズに収まるボディと、従来のクロカンとは一線を画したカジュアルな雰囲気で、スポーツカーに取って代わるカタチで若者の間で大ヒットした。トヨタRAV4

 ところが2000年にデビューした2代目は、全グレードとも大柄な3ナンバーのボディになったことや、エクストレイルやフォレスターといったライバルが増えたこともあって、人気の面では低空飛行のまま終わった感が否めない。

noteで書く

画像ギャラリー