「重ねる」がアウトドア上手の第一歩! 「スタッキング」&「レイヤード」でキャンプを極める (1/2ページ)

「重ねる」がアウトドア上手の第一歩! 「スタッキング」&「レイヤード」でキャンプを極める

備えあれば憂いなし……、でも荷物がパンパンになる

 雨が降るかも? 寒くなったらどうしよう!? 風が強くなったら? 渋滞でチェックインが遅くなるかもしれない……。このようにキャンプでは「かも」を予測して準備すると、当日天候の急変やトラブルにあってもスムースに対応しすい。荷物を詰め込んで使い勝手が悪いラゲッジ

 しかし、考えすぎて道具が増えると、道具の積み込みや積み下ろしが大変。それも考えものだ。

 この「備えたいけど荷物が増えてラゲッジがパンパンになるのは避けたい」という悩みを少しでも解決するヒントとなるのが「スタッキング」と「レイヤリング」だ。スタッキングできるクッカー

収納の決め手「スタッキング」なら持ち運びが楽チン

「スタッキング」とは「積み重ねる」という意味。積み重ねることで少ないスペースにたっぷりモノを置けるのがメリットで、自宅キッチンでも鍋や食器類を積み重ねて収納するのは当たり前の仕様だ。スタッキングして重ねたクッカー

 キャンプ用品のスタッキングで真っ先に思いつくのがシェラカップだろう。ハンドル「コ」の字型ではなく「つ」の字型のため、カップをまっすぐ重ねられる。スタンダードなものから深型、ビッグサイズなどいろいろな容量のものがあり、カップとしてだけでなく小皿や鍋としても使えるマルチな道具だ。シェラカップを活用したスタッキング

 シェラカップは関連商品が続々登場しているので、当然、重ねて持ち運べる。バーベキュー用のターナーやフォーク、トングを重ねて収納できるセットもあり、バラバラにならず、忘れ物や紛失の心配もなくなるメリットは意外と大きい。十徳ナイフなどもスタッキング術のひとつ

セット品じゃなくても工夫次第でスタッキングが可能になる

 写真は鍋とシングルバーナーのセットで、燃料(OD缶)とともに鍋のなかにまとめられる。あらかじめスタッキング収納を計算した設計なのでガタツキは少なく、キレイに収納された姿が気持ちがいい。コンパクトストーブもスタッキングできる

 ほかにも、食器とカトラリー、鍋とターナーなどの調理器具をまとめて収納できるセットは当たり前。セットではなくても手持ちの道具を工夫して入れ込むことは珍しくない。アルミクッカーはスタッキングがマスト

 大小の鍋をスタッキング収納できるクッカーセットに、別売のシングルバーナーを入れれば、セットではなくてもスッキリ重ねて持ち運べることも。メーカーが異なると思いのほかすき間が大きく、ガタガタ音がすることがあるので、布巾やスポンジなどを詰めてもいい。別ブランドのメスティンでもスタッキングできることも

 また、なんらかのコーティングが施されている鍋の場合は、内側に入れた小物で鍋に傷がつかないよう手ぬぐいなどで保護するか、しなやかな袋を用いると安心だ。メスティンにコンパクトストーブを収納してスタッキング

調味料ケースなども重ねて置ければスペース効率が抜群に高まる

 近年注目されているメスティンはスウェーデン生まれの古くからあるアルミ製飯ごうで、同じスウェーデン生まれのWildoやプリムス製品と相性が良い。手持ちのものを重ねて、相性が良さそうな組み合わせを見つけるのもキャンプの楽しみだ。調味料ケースもスタッキング

 調味料や細かなパーツは、重ねて繋げられる容器を利用。キャンプサイトでの作業スペースには限りがあるため、重ねられる容器であれば、少ないスペースに細々としたものをたくさん置けるのでテーブルを広く使えるメリットは大きい。収納ケースは横開きドアがあるもとが便利 小物入れに重宝するボックスも重ねて安定するものであれば、クルマへ積み込んだときに安定するし、狭いテント内でも使いやすい。スタッキングできる箱の中には、上だけでなく側面にも扉があるものがある。側面にも扉があれば、スタッキングしたまま中に入っているものを取り出せるのが便利だ。焚き火台やBBQグリルも収納ケースにスタッキング ちなみに、手持ちの箱の内寸を道具選びのひとつの基準とすれば、今後、道具を買い替えても収納に困ることはない。ファニチャー類やツーバーナーなども、収納サイズが概ね揃っているとスッキリする。

アウトドアで利便性を高める魔法の術がある「スタッキング」「レイヤリング」。携行する荷物は限りがあるので車載を考えると重ねて収納することが大切。重ね着も同じで、気温や天候に合わせた重ね着で機能的で快適に過ごすことができる。今回は実用例を交えて解説しよう。