10年かけていじり倒した集大成! ネオクラ路線のカッコ可愛いシャコタン「ラパン」 (1/2ページ)

10年かけていじり倒した集大成! ネオクラ路線のカッコ可愛いシャコタン「ラパン」

販売台数でもカスタムでも少数派になりつつある乗用Kセダンにクローズアップ!

 現在の軽自動車カスタマイズはハイトワゴン(1.5BOX)が人気の中心。さらにジムニーのヒットをきっかけとしたSUVテイストのリフトアップや軽トラがマーケットを賑わせている。だが、かつて主流であった乗用セダン(2BOXハッチ)は、スポーツハッチのアルトワークスが現行車で唯一気をはいている程度。

【関連記事】ホンダ「S2000」のレーシングスペックのエンジンに感激! ホンダらしさ全開のオープン2シーターを振り返ろう

ダイハツ・ミラ画像はこちら なかにはそれを逆手にとって、セダンのレア車を選び、「謎車」的に目立つのを狙ったオーナーもいる。スズキ・アルト画像はこちら

 その流れは「KING OF K-CAR Meeting」でも変わらなかったが、今回は希少車狙いではなく、センス良くまとまったアルト・ラパンにスポットを当てる!

マスクをしたような顔のロケバニフェイスでノーマルのイメージが激変!

 少数派のセダンのなかで、いまもなお根強い人気を持っているのが初代ダイハツ・ミラジーノと初代スズキ・アルトラパン(以下ラパン)。ともに古き良き時代のノスタルジーなテイストで人気を集めた。ただし、後者のほうが若干年式が新しいこともあってか今なおイベントでは主力の1台。会場でも2代目、3代目はほぼ皆無であったが、初代は10台以上が参加していた。その中でもオリジナルのよさを残しつつ、センス良くまとまっていたのが愛媛県のMさんの初代ラパンだ。

【関連記事】ホンダ「S2000」のレーシングスペックのエンジンに感激! ホンダらしさ全開のオープン2シーターを振り返ろう

スズキ・アルトラパン画像はこちら マスクをした顔のような面構えのフロントバンパーは、カスタムエアロパーツの第一人者である三浦 慶氏が手掛けるTRA京都の「ロケットバニー」。開口部レス、中央に向かって尖る逆スラント形状の独独のデザインは、交換するだけでノーマルのイメージをガラリと変えるパワーがある。スズキ・アルトラパン画像はこちら

 ロケットバニーのエアロは車高を下げるとすぐに擦るので、シャコタンでどこでも走れるように短縮加工。自身のライフスタイルに合わせたモディファイを施している。