日本人なら「お座敷スタイル」でしょ! 地べたに座ってリラックスできる「楽ちんキャンプ」のススメ (1/2ページ)

日本人なら「お座敷スタイル」でしょ! 地べたに座ってリラックスできる「楽ちんキャンプ」のススメ

テントの中でキャンプが完結するお座敷スタイルが人気急上昇中!

 長らくディレクターズチェアなどのダイニングチェアを意識した座面高のチェアが使われてきた日本のキャンプシーンだが、ロゴス「あぐらチェア」やコールマン「コンパクトフォールディングチェア」がヒット。そのあとに登場したより軽量なヘリノックス「チェアワン」の大流行をきっかけに、今ではローチェアを用いたロースタイルがスタンダードとなって久しい。

 一方、テントは大型化が進み、ツールームテントが当たり前。以前は珍しかったソロキャンプ用テントですらリビング付きのものが続々登場しており、テントの中で生活が完結するようになった。その結果、テントの中にラグを敷いて一日を過ごす「お座敷スタイル」が秋冬キャンプで定番になりつつある。

ラグジュアリー化した最新のお座敷キャンプスタイルが快適

 90年代中〜後期にも「お座敷スタイル」が流行ったが、タープの下にラグを敷いて座椅子風のグラウンドチェアで過ごす「お花見」の進化系。近年の「お座敷スタイル」は快適さを追い求めた末のスタイルで、ローチェアやベンチ、ソファを使うなど、似ているけれども随分様相が異なってきている。グランドシートを使った土間スタイル「お座敷スタイル」は、テントのリビング部分に雨と小石が入りづらいようフチが立ったシートを敷いて、その上にマットやラグを敷き詰めることから始まる。できるだけ地面の硬さ、冷たさを感じないようにするためだ。

 床ができたら、ローテーブルとローチェア、クッションなどの好きなファニチャーをセットする「お座敷スタイル」で、雨に濡れるのはテントと地面に触れるシートのみ。道具が汚れることなく、素早く撤収できることも人気の理由だ。スタイリッシュなローチェアのお座敷スタイル それに、リビングと寝室は靴の脱ぎ履き不要でシームレスに行き来できるほか、昼寝が必要な小さな子どもがいるファミリーでは、寝室の様子をこまめにチェックできるのが安心だ。

キャンプといえばテーブルとチェアと決めてしまいがちだが俄に人気急上昇中のお座敷スタイルキャンプ。ツールームテントのリビングスペースやシェルターのなかにグランドシートを敷いて寛ぐスタイルは自宅のリビングなどで家族や仲間たちとよりリラックスして過ごすことができる