トーヨータイヤが800kmを走破するアメリカの過酷なオフロードレースで優勝! 三浦 昂選手は初参戦でクラス優勝 (1/2ページ)

トーヨータイヤが800kmを走破するアメリカの過酷なオフロードレースで優勝! 三浦 昂選手は初参戦でクラス優勝

過酷なレースをパンクせず無交換で走りきった!

 トーヨータイヤは、8月11日から14日までの4日間、アメリカ・ネバダ州で開催されたオフロードレース「Best in the Desert Vegas to Reno」に参戦するマシンに、同社の「OPEN COUNTRY SxS」を供給した。このタイヤを装着した、チームランドクルーザー・トヨタオートボデー(トヨタ車体株式会社)の三浦 昂選手が初参戦ながらクラス優勝を果たした。

約800kmを走破するタフなレース

 Best in the Desert Vegas to Renoは、北米で開催されるオフロードレースとしては、約800kmというもっとも長い行程を走り抜く過酷なレースだ。ネバダ州南西部にあるラスベガスをスタートし、荒涼な土漠や砂漠、鋭利な岩肌の山岳地帯など、さまざまな道を駆け抜けて同州北西部に位置するリノを目指すというもの。今回、三浦選手が参戦したのは、同シリーズ独自の車両規格であるユーティリティ・タスク・ヴィークル(UTV)の車両による「UTVスポーツマンクラス」だ。

走行シーンその1

 このマシンにも装着されたOPEN COUNTRYシリーズは、このBest in the Desert Vegas to Renoをはじめとした、過酷な条件で開催される国際的なオフロードレースで培ってきたノウハウを用いている。

 ピックアップトラック、SUV、CUV用タイヤとして求められる耐久性能や耐外傷性を追求。高い基本性能に加え、アグレッシブなデザインを採用したパターンを両立させており、大型SUVが広く普及するアメリカ市場において、高く評価されているモデルだ。

画像ギャラリー