フェアレディZを「シャコアゲ」! オフロードを飛ぶように走る魔改造Z34 (1/2ページ)

noteで書く
フェアレディZを「シャコアゲ」! オフロードを飛ぶように走る魔改造Z34

この記事をまとめると

  • Z34型をベースにしたプロジェクト「Z アドベンチャー」
  • ミスター・ジオランダーの異名を持つ塙 郁夫氏が製作
  • ダートやサンドといったオフロードでも強いピュアスポーツ

ミスター・ジオランダーの魂を注入

 ミスター・ジオランダーの異名を持つ塙氏の脳裏にあったのは、ダカールラリーで活躍したポルシェ959の存在だ。

 ポルシェに四輪駆動システムと大径タイヤを組み合わせ、電光石火の勢いで優勝をさらっていった伝説のマシンをフェアレディZに置き換え、自分なりにアレンジしてみたくなったと話す。ヨンクスタイル、フェアレディZ、Z34、Zアドベンチャー、オフロード仕様、ジオランダー、ヨコハマタイヤ 筆者は幸運にもその製作過程を数回見学することができ、動画などを通じて報告してきた。今回のオフロード系雑誌「ヨンクスタイル」の取材を通じてもっとも印象的だったのは、作り手の想いの強さと描く夢の正確さ、そして経験力と実行力の高さだった。ヨンクスタイル、フェアレディZ、Z34、Zアドベンチャー、オフロード仕様、ジオランダー、ヨコハマタイヤ

 正直、Z34型フェアレディZの横に外径33インチのタイヤを並べ、「コレを履かせる!」とブチ上げる塙氏の前では完成形すら予想できなかったが、当時の熱い決意だけはずっと耳に残っていた。ヨンクスタイル、フェアレディZ、Z34、Zアドベンチャー、オフロード仕様、ジオランダー、ヨコハマタイヤ「サスペンションで無理矢理車高を上げてタイヤを詰め込むだけだったらカンタンだよ。でもね、クルマは三次元で動くものだから、重心が高くなればなるほど性能が下がるのは避けられない。必要な分だけリフトアップするけど、絶対に必要以上は上げないよ」

noteで書く

画像ギャラリー