「4-ESC」「RISE」「NICS」この意味、わかりますか? 国産車の懐かし「最新技術」略語 (1/2ページ)

「4-ESC」「RISE」「NICS」この意味、わかりますか? 国産車の懐かし「最新技術」略語

長年使い続けている名称も存在する!

 1980年代から電子制御技術の普及や解析技術の導入によって、自動車の性能や安全性などが飛躍的に高まった。開発競争は激化し、これまでになかった革新的なアイテムや斬新なテクノロジーが数多く投入されている。最新のデバイスやメカニズムは各メーカーの個性としてクルマ好きを魅了し、ファン同士が熱く語り合ったものだ。今回はそんな1980~2000年代の最新技術をクローズアップ! まるでパスワードのように組み合わされた英字の意味、貴方はいくつ知っている!?

初級編:4-ESC(1983年登場)

 まずは初級編。「ESC」といえば近年はElectronic Stability Control(横滑り防止装置)のことを示す。ただ、「4-ESC」は1983年にクラウンに搭載された技術だ。当時、横滑り防止装置は存在しない。では、このシステムはどのようなものか? 答えは4Wheel Electronic Skid Control(四輪電子制御アンチスキッドコントロール)で、トヨタの4輪ABSを表す名称だった。

1983年のクラウン じつは1990年代にABSへと名称が統一されるまで、ホンダは「4W A.L.B(4Whell Anti-lock Braking System)」という名で、日本初のABSとして1982年にプレリュードに搭載。そして日産は「4WAS(4Wheel Anti-Skid。現在4WASは4Wheel Active Steer[4輪アクティブステア]の名称として使われている)」と、各メーカー独自の名称を採用していた。また、TWINCAM24やTURBO同様に、リヤウインドウやトランク部にそのエンブレムやステッカーが取りつけられ、先進技術を誇らしげに主張していたのだ。

初級編:NICS(1985年登場)

 続いて「NICS」。ヒントは1985年に7代目(R31型)スカイラインのRB20DETに搭載された世界初のシステムだ。吸気マニフォールドにバルブを設定して低回転では閉じて、高回転は開けることで低速トルクを補いつつ、高回転でもパワーを出す画期的なものだ。

NICS搭載のRB20 さて、NICSとはNissan Induction Control System(電子制御可変吸気コントロールシステム)。システム自体はR31に先んじてトヨタの1G-GEUに「T-VIS(Toyota Variable Induction System)」として採用されていた。ただし、T-VISは1本のマニフォールドをバルブ手前で2本に分け、片側にバルブを設けて切り替えていた。それにに対し、NICSは吸気マニフォールドをサージタンクから低回転用と高回転用を別に設け、それぞれ形状や長さを変えるなど凝っていた。

 ただし、その不等長形状が設計通りの効果を発揮せず、低速トルクは十分得られたが、高回転が回らないという悪癖を引き起こした。これにより初期のRB20DETはスポーツユニットらしくないという烙印を押されてしまう。そのため、NICSはモデルサイクル内では異例といえる全面刷新が敢行され、後期型ではT-VISと同じシステムに変更されている。また、可変吸気マニホールドはトヨタ、日産以外にもマツダの「VIS(Variable Induction System)」や三菱の「MVIC(Mitsubishi variable induction control system)」などがある。

画像ギャラリー